背中にファスナーのある長そでのワンピースの縫い方


ウエストがきゅっと絞られてふんわりフレアなスカートのワンピースは、普段着にもなるし、コスプレなどでもよく使われますね。
こういうウエストが絞られてスカートが広がったシルエットをプリンセスラインというんですよ♪

着替えは後のファスナーで、というオーソドックスなタイプ。
パニエをはいて、ふわっとしたスカートを演出するのも可愛いですね。

背中にファスナーのある長そでのワンピースの型紙を見る説明書を印刷する

型紙をもっと改造したい場合はこちら

【おさいほう】部分縫いをデザインから探す
洋服の部分縫いや改造をイラストから探す

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼る。
接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

前後の脇と中央の部分の縫い方

中央とを脇を表同士が内側になるように重ねて1cmの幅で縫ってくさい。
縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折る。

まっすぐ縫う方法
布の縫い合わせ方


カーブのある部分の縫い合わせ方
中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。
そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。
脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなります。
例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなります。

後中心の縫い方

後身頃(胴体)を表同士が内側になるように重ねる。
すそからファスナーのつける所の境目まで縫う。
ピンクの印のところを開きどまりといいます。

後中心にファスナーをつける

首から開きどまりまでミシンの縫い目の長さを3mmくらいにして、返し縫いをせずに縫う
この部分はあとで糸を抜くので、上下どちらかの糸の色を変えておくとほどきやすくなります。

↓もっと詳しくファスナー付けを見たい方はこちら↓
目立たないファスナーのつけ方 コンシールファスナー
ワンピースやスカートなどによく使われている目立ちにくいファスナーの縫い方です。
普通のファスナーにしたい場合↓
スカート・ワンピースの作り方 ファスナーのつけ方【動画】
一般的なファスナーの縫い方です スカートの型紙の作り方は無料の説明ページを用意していますの...

肩と脇の縫い方

前後の胴体(見頃)を表が内側になるように重ねる。
前後の肩と脇を縫う。
縫い代にアイロンをかけ左右に折る。

肩の縫い方

見返しの肩を縫う

見返しを表同士が内側になるように重ね、肩のところを縫う

えりの縫い方

表を上にした身頃に、裏を上にした見返しを重ねる。

肩と前中心に待ち針を刺す。
後身頃(胴体)の中心と、見返しの端を合わせて1cm幅で縫う。
後身頃のえりのカーブの方が長いので、たるみが出来るのが正解です。

後中心の縫い代を表側に折る。
見返しより後ろ中心の方が長くなります。
こうすると見返しをひっくり返した後、裏が綺麗に仕上がります。
1cm幅で縫う。


布を切らないように7mm程度切り込みを入れる。

角のひっくり返し方

縫い目を切らないよう0.2cm程はなれた所で、角を切り落とします。
縫い代を折りたたみ表替えしてください。

さらにきれいにするコツ

えりのカーブの縫い代を1枚は3mmに切る。
もう一枚の縫い代を5mmに切る。
こうすると縫い代の端がずれるのでアイロンをかけた時中の縫い代の形が、少し目立ちにくくなります。

あまり縫い代を細く切りすぎると繊維がほぐれて破れてしまうので、最低辺は3mm、角は2mm縫い代を残してください。

えりの角や前見返しのすそ等表側に返したとききれいに角が出ない場合

中で縫い代がグチャグチャになっている場合が多いので、指を中に入れて、縫い代を角と反対側に軽く引っ張ってあげると中の縫い代が整って、角が出しやすくなります。


見返しを裏に折る。
アイロンで形を整えて5mmの所を縫う。

見返しを固定する

ラウンドネックの縫い方 えりがないからとても初めてでも作りやすいよ!
襟のついていない丸くあいた襟元の縫い方です。後がファスナーなどであいているタイプの縫い方

見やすいように色を変えていますが、実際は布に近い色の糸を使うと良いです

袖の縫い方

複数の袖があるので好みのデザインの袖の縫い方を選択してください。

実は簡単!基本的な1枚のそでの縫い付け方【おさいほう】
立体的で一見難しそうに見えるそで。実はシンプルなそでは1枚で出来ているんです。 真似するだけで服が作れちゃう!お洋服の作り方です

裾を縫う

すそを2cm裏側へ折って1.5㎝幅で縫う。

【おさいほう】綺麗に裾上げをする方法
スカートやズボンを縫おうとするとしわが入ったりよじれたりします。 それを簡単に綺麗に縫う方法です



熱接着の両面テープ

首の後のスプリングホック

細口の手縫い糸を3~40cmに切る。

ミシン糸は手縫いとと逆方向にねじって糸を作っているので、手縫いするとねじれが強くなり、とからまりやすいので手縫い糸を使うのがおすすめ。
金具の穴に外側から針を刺し抜く。


ちょっとしたコツで簡単キレイにスプリングホックを付ける方法
ワンタッチで付け外しが出来る便利なスナップボタンの付け方です。 新しく服を作るときや、古くなって糸がほどけてきたスナップボタンの付け直しなどにお役に立つとおもいます。

この型紙で作りました

背中にファスナーのある長そでのワンピースのワンピース

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます ※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

 フラットカラー(大きめ) Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ フラットカラーはターンオーバーカラーの縫い方と同じです(角がないだけ)
フラットカラー普通サイズ  Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ スタンドカラー Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズスタンドカラーの縫い方
シャツカラー(ターンオーバーカラー) Sサイズ  Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ半そでパフスリーブ
半そでパフと取り外せる姫そで Sサイズ Mサイズ Lサイズ パフスリーブの縫い方スカラップそで Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ長袖パフスリーブの縫い方 ジゴスリーブ
パフスリーブ(ジゴスリーブ)長袖と組み合わせて使ってください
Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ ジゴスリーブの縫い方

普通の長袖 Sサイズ Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ

いるもの

□ 表生地
□ コンシールファスナー 56cm以上のもの1本
□ 接着芯 30cm~(改造パーツの形による)
□ スプリングホック 小さめのもの一組

オススメの生地

株式会社カトウのポリエステルツイル

化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
張りがあります、パニエを下にはいて広げたい場合に向いていますが、張りがある分柔らかくドレープを出したい場合には向きません。
初心者にも扱いやすい生地です。

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね