ラウンドネックの縫い方 えりがないからとても初めてでも作りやすいよ!

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は貼るとき縮むことがあるので、布を切る前に先に貼る。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

身頃

見返し

ほつれ止めをする

見返しの端をほつれ止めをする。

ラウンドネックの縫い方

表を上にした身頃に、裏を上にした見返しを重ねる。


見返しの端をファスナーの手前5mmで折り返す。

首の所から1cmの所を縫う。



縫ったら縫い代のカーブの所に切込みを入れる。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてください。


先にファスナーを裏側に折る。
その後にファスナーの端を隠すように見返しを裏に折る。


えりの縫い目から0.5cmの所を表から縫って見返しを固定する。

見返しを固定する

手縫いで表に目立たないようにまつり縫いという縫い方で見返しを固定する。
6~7㎜間隔で縫うときれいですが、力のかかるところではないので1cm位の間隔でも大丈夫です。

見やすいように色を変えていますが、実際は布に近い色の糸を使うと良いです