【おさいほう】ウエストゴムの半円フレアスカートの作り方

サーキュラースカートとも言います
ウエストにゴムでギャザーを寄せるタイプ

↓出来上がった型紙が欲しい方はこちら↓

半円スカートの型紙

印刷用説明書ダウンロード

関連ページ

【おさいほう】180度(半円)のフレアスカート(脇ファスナー仕立て)の作り方
サーキュラースカートとも言います。 ↓出来上がった型紙が欲しい方はこちら↓ ...
【おさいほう】ウエストゴムの全円フレアスカートの作り方
ウエストがゴムなので着替えがかんたん。 ファスナーをつける必要もないので気軽にフレアスカートが作れ...
【おさいほう】フレアスカートのボリュームに対するすその広がりについて
360度はすそが丸くつながるのはわかるけど、360度以上のスカートだとすそがぼこぼこしないの...

サイズを測る

丈とヒップをメジャーで測る

ヒップ=青線

丈=

自分用の数値を計算する

縫い代込みバージョン

ウエストとすそは縫い代が付いた状態で計算されています。
脇には縫い代は付いていないので忘れずに付けてください。
全円の場合角度に360を入れてください

型紙の書き方

ウエストにギャザーを寄せない場合
(↑ウエストベルトの脇ファスナーのものはこちら)


縫い代1㎝つけてください。

ベルト

C(横)ヒップ+10㎝+縫い代2cm

縦 好みのベルトの高さ×2+縫い代2cm(図は3.5cmのベルトで計算しています)

縫い代を1㎝込みです。

ウエストの長さについて

ちなみにゴムを入れない状態だとウエストよりかなり大きいです。
しかしウエストがヒップより大きくないと着替えられないので、ヒップより大きく作って、ゴムで縮ませて着替えられるようにするのです。

裁ち方(布の切り方)

半円の場合はこのように生地を半分に折って、折山に「わ」と書かれた部分をあわせ、1枚切り取ってください。


ウエストベルトの裏全体に接着芯を貼っておくのを忘れずに。

芯がないとヘロヘロした仕上がりになります。

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画を読むのをオススメします。

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

脇を縫う

半円の場合は脇を1箇所縫ってベルトをつけるだけです。
とっても簡単!

ベルトを縫う

まずベルトの脇を縫いわっかにしてください。

忘れずに4等分の印をつけてください。


図のように帯を半分に折りアイロンで形をつけてください。

広げて、内側になるほうの縫い代をアイロンで裏へ折ってください。


折り目を広げ、次にスカート部分と、ベルト部分を、表同士が内側になるように重ねてください。

ベルトとスカート部分の印を合わせて縫ってください。


半分に折り目をつけたところから折り、表からベルト付けの縫い目から0.2cmはなれたところを縫ってください。
尚、裏のベルトの端は、ほつれ止めをしてあれば、中に折り込まずにそのまま縫って良いです。

脇など目立たない所を1,5cmほど縫いあけてください。(ゴムいれの穴)
ちなみに、ゴムでギャザーが入るため、縫い閉じなくても目立ちません。


ゴムは1本でもいいのですが、2本入れた方がギャザーの量やウエストベルトの形が安定します。

すその修正

腰のライン

人間の体は筒状ではなく前後と横でカーブのラインが異なります。
また体型(肉付き)・姿勢によっても変わります。

全円そのままだと左の図のようにすそがそろいません。
気にならなければいいのですが、右側のようにそろえたい場合は調整が必要です


調整と言っても簡単です。

スカートをはき、床から同じ高さの所(出来上がり線ではなく縫い代をつけたところ)に印をつけてください。
印をつけたら、余分を切り、ほつれ止めをしてください。

すそを縫う

すその縫い代はカーブのため、端の部分(赤い部分)出来上がりの部分(青い線)では、端線の方が長いですよね。

このまますそ上げをすると、端の方が出来上がりの長さより長いので、しわがよったり綺麗にすそ上げが出来ません。

よってほつれ止めをしたあとに、すそから5mmくらいの所に、ギャザーを寄せてください。
ギャザー寄せの仕方を参照下さい。

下から2cmのところで折り、アイロンで曲線がきれいに出るようにアイロンで押さえながら、ギャザーの量を調節して、縫い代が引きつらないように落ち着かせてください。


あとはすそをミシンで縫うか、手縫いで表に目立たないようにまつりぬいをして完成。

フリルやレースをつけても可愛いですね!

ウエストゴムの入れ方

スカートのボリュームは半円とか全円とかではなく、下にはくパニエに左右されます。

半円(180度)から全円(360度)→それ以上(520度)等
弧が大きくなればなるほどヒダが増えると思ってください。

ただしよーローっぱのお姫様のような腰から大きく広がったおわんをひっくり返したようなデザインだと
半円だとボリュームが足りないのでご注意下さい。

作る前に↓ここにミニチュア模型がダウンロードできるのでどうぞ

スカートのボリューム確認用模型

スカートの形と柄の検証実験

この型紙で作りました

半円スカートの型紙

いるもの

□ 表生地
□ ゴム
□ 接着芯

オススメの生地

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー