手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 婦人服> ジャケット・コート > テーラードカラーのロングコートの縫い方

テーラードカラーのロングコートの作り方

Translate

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


印刷用説明書ダウンロード


JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


ほつれ止めの仕方

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

前中心と前脇。

後中心と後ろ脇を1cm幅で縫ってください。

縫い代は左右に広げてください。

中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1〜2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

前と後身頃を表同士が内側になるように重ねてください。

肩と脇を1cm幅で縫ってください。

後スカートの中心を縫ってください。

スリットを入れる場合は、開けたい部分を残し1cm幅で縫ってください。

アイロンで縫い代を左右に折ってください。
スリットを入れる場合はミシンで7mm幅で縫って縫い代を固定してください。
前後のスカートを表同士が内側になるように重ねてください。

脇を1cm幅で縫ってください。

縫い代を後中心側に折ってください。

脇の縫い目から2〜5mmのところを縫って、縫い代を固定してください。

上半身とスカートを表同士が内側になるように重ねて1cm幅で縫ってください。
上半身を起こし縫い代は上半身側に折ってください。

ウエストの縫い目から2〜5mmのところを縫い、縫い代を固定してください。

上下の見返しを1cm幅で縫ってください。

縫い代はスカート側に折って、表から縫って固定してください。

テーラードジャケットの縫い方
その1
その2

見返しのラペル(胸の反り返った部分)と衿の境の部分の切り込みの位置とえりの印ががあうように、真上からまっすぐ針を刺し、固定してください。
(型紙に書かれた同じ記号を合わせる)

肩側の角も衿の印と、身頃(胴体)の出来上がりの交点になる所に針を刺してください。

1)
 2)
3)
1)しつけ糸で、ミシンで縫う所から2〜3mm離れた所を縫ってください。

2)縫い始めは手動で、丁度交点に針が落ちるようにミシン針をおろして縫ってください。

3)縫い終わりも縫いすぎないよう注意して、スピードを落とすか、手動でぴったり交点まで1cm幅で縫ってください。

1)

2)
1) 首の横から後ろを縫ってください。(赤い線の部分) 
ここも、ミシンで縫うラインよりs〜3mm離れた所をしつけ糸で縫ってください。

それからミシンで縫うと綺麗に縫いやすいです。

2)
出来るだけズレたりしないように角がきちっと合うように1cm幅で縫ってください。
これが重なったりずれたりすると表から見たとき引きつったように見えたりします。

また、、余分な生地を縫いこんだりしないように、2番の図のように生地をたたんで、出来るだけまっすぐな状態にして縫うと綺麗に縫えます。

カーブの所は引きつったりゴロゴロしやすいので、ぬいしろに浅く切込みをいくつか入れておくと落ち着きます。
(身頃側も)

アイロンで縫い代を左右に折ってください。
見返しににも同様にえりをつけてください。

※見返しは前だけです。

前身頃と見返しとえりを表側同士が内側になるように重ねてください。
えりの縫い代を縫い込まないようによけて、えりの両端を、2枚合わせて1cm幅で縫ってください。
衿の上を1cm幅で縫ってください。

これも印をしっかりあわせて縫ってください。

見返しの先からえりの境目までを1cm幅で縫ってください。

そして、最初に衿を縫った線と、合体するように縫ってください。


この時もえりの縫い代を縫いこまないように注意して、縫い代をよけてください。

前中心を1cm幅で縫ってください。

表替えした時、角が引きつりますので、図の赤い部分に縫い糸を切らない程度切込みを入れてください。

表がえす時に先が厚くならないように、縫い目から2mm離れた角を切り落としてください。

見返しを裏へひっくり返してください。
端から5mmのところをミシンで縫ってください。

柔らかい雰囲気にしたい場合はアイロンで形をととのえてください。

浮いたえりを固定してください。

えりは半分折り返しますから、厚み分表に見えるえりと、裏に隠れるえりの長さが変わってきます。

そのため型紙通りにえりのすそを折って中に入れると引きつってしまうのです。

なので、自然なカーブになるように出来上がり通りにえりを折って、ピンで固定します。

そして、えりのすそを折って内側に入れ、手縫いで縫って行くと綺麗に仕上がります

見返しもえりと同様折り返しがありますから、いったん折って、カーブのための余裕を入れてピンをシワが入らないように縫ってください。

手縫いでまつって見返しを固定してください。

まつり縫いのしかた
すその縫い代をアイロンで2p幅で折ってください。

1cm幅で縫ってください。

すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、

折りあげた時端がだぶついてしまいます。
すその縫い代の2倍の幅の所に印をつけてください。

フレアスカートのようなすそのカーブのきついデザインは左のようにすその縫い代がずれてねじれてしまいやすいです。

こういう場合は、熱接着の両面テープを使うと生地がずれません。

熱接着の両面テープ

印から5mmはなれたところに熱接着の両面テープを貼ってください。


アイロンで出来上がり線で折る。

そのまますそ上げをすると、端の方が出来上がりの長さより長いので、しわがよったり綺麗にすそ上げが出来ません。

このように長さの差がだぶつきになります。

すそから3〜5mmくらいの所に、ギャザーをよせてください。
下糸(ミシンのボビン側の糸)を引っ張りながら縮める。

均等に縮めながらアイロンを掛けるとこのように綺麗に落ち着きます。
※カーブのきつい場合は多少ダブつきます。

1.5cmの幅で縫ってください。

こうすると生地がねじれずにすそがあげられます。

前合せにホタンをつけてください。

ボタンの数はお好みで。

ボタンの穴のあけ方はミシンによって違いますので、ミシンの説明書を参照してください。

分からない場合は→ボタンホールの作り方

ボタンホールをあける部品をなくした方や苦手な方はスナップボタンをつけて、ボタンは飾りにする方法もあります


上側になる前身頃の中心側だけボタンホールを開け(赤)脇側に飾りのボタンをつけてください(緑)
反対の前身頃の脇側にボタンをつける(青)中央側にスナップボタンをつけてください。(水色)

服の右前、左前についてですが
人間の体は多少差はありますが左右対称なので
型紙も左右対称に作ってあります
なので前の重なりをかえるのはボタンと穴を逆にすればどちらも作れますよ〜

ボタンホールの開け方はお手持ちのミシンによって異なりますので、ミシンの説明書を見てください。

ボタンホールが苦手な方はスナップボタンどめにしてボタンは飾りにするという方法もあります

スナップボタンのつけ方

まつり縫いのしかた

そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。

またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの寄せ方

 ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

そでの準備

ギャザーの縫い方

そでを縫う

そでを身頃につける

ミシンの上の糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が内側になるように重ねて両脇を1p幅で縫ってください。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合

アイロンでそで口を2cm裏へ折って下さい。

1.5cmのところを縫ってください。
袖の丈の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください


テーラードカラーのロングコート

改造用パーツ

★★★★★★★★★★★★★★

テーラードカラーの形を改造する方法

すそを燕尾服風に改造する方法

裏地Mサイズの型紙(裏地の型紙だけでは作れません・本体をお求めください)
後身頃と袖は表の型紙と同じ型紙をお使いください

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト