【おさいほう】2枚のパーツで立体的に作るそでの縫い方

このように2枚のパーツで立体的に出来上がるそでの縫い方

袖(そで)の部分名称

どうしてそでの山にはギャザーを寄せるの?

 

この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になります。
そのため、身頃(胴体)の袖を付けるところのカーブより、そでの山の長さを長くして、ギャザーを入れて縮めることによって丸みを出して、肩が立体的になるようにしています

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かりやすいでしょ?

そでを縫う

袖底(そでそこ)を縫う

内側と外側の袖を表側同士が内側になるように重ねる。

両端を1cm幅で縫う。

袖口につける

 
そでは表側が見えるようにひっくり返す。

裏返したままの身頃の中にそでを入れる。

待ち針で固定する


脇→肩→印という順に待ち針を刺す。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整する

そでを身頃につける

仕付け糸で仮固定する


手縫いで端から7mmくらいのところを縫う。
縫ったら待ち針ははずす。

全部を手縫いで作る場合はここは省略する。


端から1cmの所を縫う。

縫い終わったら仕付け糸ははずす。


袖口を縫う

試着してそでの長さを確認する。

問題がない場合

アイロンでそで口を2cm裏へ折る。

1.5cmのところを縫う。
袖の丈の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整する

裏つきの二枚袖の縫い方

市販の型紙で裏地を取るときは、5mmくらい大きめにとっておくとあとが楽です。

洋裁工房の裏地の型紙にはあらかじめキセ分余分が入っています。

どうしても裏地はテロテロしているので、綺麗に裁断したつもりでもずれが出て小さくなっていたりします。

大きい分を調節することは簡単ですが、小さいものを大きくするのは難しいので、裏地だけはちょっと余裕を持っておくと綺麗に仕上がる。

裏地を調節する方法

裏地を縫うのは初めて、きれいに縫えないという方はここにまとめています

洋裁初心者でもきれいに裏地を縫える方法試してみませんか?【おさいほう】
裏地って薄いしすべるし縫いにくいですよね。初めて裏地を触る人でも出来るだけ簡単に裏地を縫える方法があるんですよ音符

ギャザーを寄せる

そで山にギャザーをよせる。
ギャザーの縫い方

ギャザーって何?きれいに縫いたいという方はここで詳しく説明しています

【おさいほう】ギャザーの縫い方
ギャザーの縫い方 糸の調子を調整する ミシンの縫い目の長さを長くしてください。 1...

そして裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せます。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

裏地も同じようにギャザーをよせる。


【重要】 必ずミシンの上の糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が中になるように重ねて両脇を縫う。

同じように裏地も縫う。

縫い代を折る

アイロンでそで口を出来上がり線で折る。


裏地のそで山の縫い代をアイロンで裏側へ折る。

表地と裏地を縫う

裏地と表地を内側同士が表になるように重ねる。
表と裏地のそで口をあわせて1cmで縫う

表にひっくり返す

表がえして、アイロンの折り目通りにそで口を折る。

身頃とそでを縫う

袖は表側が見えるように、身頃(胴体)は裏側が見えるように用意してください。

裏地はこのとき縫わないようによける。

待ち針を刺す

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめる。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺す。

仕付け糸で縫う

慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫う。

縫う

ミシンで1cmの幅で縫う。 ミシンで縫ったらしつけ糸は抜く。
縫い代はそで側に折る。

手縫いする

裏地のそで山を表地のそでの縫い代を覆うように待ち針で身頃のそでのカーブにとめる。
手縫で表に目立たないように裏地をぬいつけてください。
裏に隠れる部分なのでしわはあまり気にしなくていいです。
それより縫い代を余分に取りすぎて、引きつらないように注意してください。