【おさいほう】肩章のつくり方

この型紙で作りました

肩章の型紙 いるものとオススメの生地

つくり方

ダンボールは折れ曲がりやすいので向きを90度変えて2枚切る(一組分)


Gボンドは塗ってすぐではなく、5分ほど乾かしてからくっつけるとよくくっつきます。


ダンボールの上側にボンドを塗り、少ししてからキルト芯を重ねる。


裏を上にした生地の上に、中わたを下にして土台を置く。

ボンドを塗って少し乾かしてください。


布で土台を包んでください。

ふちの布がだぶつくので、適度に切込みを入れて重なりを減らしてください。


お好みでボンドで飾りをつけてください。

これはフリンジをつけたところ。

フリンジの作り方


ふちにひももボンドでつけてみました。

ボンドはひもと、土台両方に塗りました。

裏側にひもをつけるときは厚みを減らすため先を少しほぐして平らにしておくといいとおもいます。


ブレードをボンドでつけてみました。


裏布にマジックテープをつけてください。
力のかかるところなので、ボンドではなくミシンで縫いつけました。
やわらかいほうのマジックテープを肩章につけ、かたいほうを服の肩につけます。
マジックテープは嫌だという方は安全ピンやスナップボタンにかえてもよいです。


土台裏と裏布の裏面にボンドを塗って、少し乾いてから貼りつける。
手にボンドがついたらエタノールの入った化粧水でこすると落ちやすくなります。
生地はジャガードか、カーテン生地で探すと落ち着いた上品だけど見栄えのいい生地が見つけやすいです。