【おさいほう】肩パットのつけ方


肩パットのつけ方

同じ型紙で作った服の肩パットの有無の比較写真を撮ってみました。
自分の作りたいシルエットに近いもので作る。
肩パット+芯をつけると、市販のスーツのように肩が丸く柔らかく仕上がる。
ドミット芯とは目の詰まったわたのシートです。
キルト芯よりも密度があってしっかりしています。



ドミット芯をつける場合は横20cm縦3cmに切る

角があると表に形がひびくので、角を丸くしてください。


そで山に角を落としたほうが袖口側に向くようにドミット芯をつけてください。


服を裏返した状態でそでの中に芯をつけてください。


縫う場所は縫い代より外側を縫う。


縫い方は手縫いでどんな縫い方でも構いません。
ただ、出来るだけ布に対して垂直になるようにして縫う。


肩パットは物にもよりますが左右対称ではないものは厚みがある方が前、薄い方が後です。

肩山も中央ではないので、中心より1cm前側に印をつけて、そこを肩の縫い代にあわせてください。



トルソーをお持ちであればトルソーに着せて、しわが入らないようにピンでかたパットの位置を固定する。


ポイントは肩パットを出来上がり線より5mmはみ出させる事とです。
これでそでが肩パットの上にのって丸くなります

手縫いで返し縫いをしてそでぐりの縫い代に肩パットを縫い付けてください。

反対側は手縫いで3~4回肩の縫い代に縫う。

お好みでそでなどにもボタンをつけましょう  ミシンのボタンホールの機能の使い方がわからないという場合は、ボタンを飾りにして、スナップボタンで固定するという方法もあります