奈良時代風そでの改造の仕方


奈良時代のような服の袖の作り方です。

ベースは着物えりのブラウスの型紙です

長そでを用意する。
縫い代は省略しています。

肩をあける場合

開けない場合はここを飛ばしてください。


型紙を体に当てて鏡を見ながら開けたい位置に印をつける。

体から外し線を清書する。


清書した線で切る

奈良時代っぽくする場合

メジャーや紙を腕に当てて袖口の長さを決める。

左右に紙をテープで足す。
型紙の改造は上から線が書けるメンディングテープがおすすめ。
中心からAcmの所に線を引き、体に当てながら好みのラインになるように線を描く。
体から外して線を清書する。

縫い代のない所に縫い代1cmつける

四角いそでにする場合

左右に紙をテープで足す。
型紙の改造は上から線が書けるメンディングテープがおすすめ。
中心からAcmの所に四角くなるように袖を描く。

縫い代のない所に縫い代1cmつける