台付きシャツカラーの縫い方2 見返しではさむタイプ

このような2つのパーツの型紙になります。
各2枚づつ裁断してください。
上側を表(上)衿、下の方を台(地)衿と呼びます。



型紙を作る上でのポイントにも書いてありますが、

市販の本や型紙は図のように半分だけになっており、これを布の折り山において左右対称にとると出来上がりが歪んだりしやすいので、左下のように型紙の時点で完成した状態に作っておくと綺麗に作れますよ。


当サイトので作っている型紙は最初から左右に広げた状態になっているので何もしなくていいです。


えりの柄の向きと実際の柄の出方のめやす。
※ただしカーブの大きい襟の場合また変わってきます。

芯を貼る

1枚のえりの裏に接着芯を貼る。
両方貼ると着心地が悪くなったりするので1枚だけに貼る。


接着芯は縮むので、型紙より1cm位大き目に芯を切る。

布に貼ってから型紙を写す。
アイロンをすべらせると接着芯にしわが入りやすいので、必ず持ち上げてアイロンを移動させる。


線の内側を切る。
切ってから貼ると縮んで長さが合わなくなります。

芯を貼らないとどうなるの?

えりの半分にだけ芯を貼って比較してみました。
左が芯あり、右が芯なし。
芯がないと細かいシワが入りやすく、くたびれた感じになります。
芯を貼るとしわになりにくく型崩れしにくくなるという利点があります。
目に入りやすい場所なので、芯をけちるとあとで後悔することになります。


どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいので、しつけ糸などで、芯を貼っていないえりに印をつける。
完成したら抜くので玉止めなどはしなくていいです。


イラストと動画のやり方が違うものもありますが、動画と平面のイラストだとわかりやすい表現が異なることがあります。
どちらでも完成しますので、自分が理解できたほうで作る。

シャツカラー2見返しの縫い方

シャツカラー3 台襟の縫い方

シャツカラー4 表えりの縫い方

シャツカラー5 表えりのフチを縫う

シャツカラー6 表えりを台えりにつける

シャツカラー7 仕上げ

生地の厚みの余裕を入れる

襟は図のように折り曲げた状態で着ます。


表襟は折り曲げると、布の厚さ分表に見える部分と隠れている部分に長さの差ができます。


たとえると本を閉じた状態だと端はまっすぐです


でもこうやって広げると紙が曲がるので厚み分端がずれて斜めになる。



衿は裏側と表側のえりの端を縫っているので、このズレの分余裕を入れて縫わないと引きつってしまうので注意が必要です。

同じ長さで縫うと表に見える方のえりが必要な長さに足りないので、→右側のえりの先のように浮き上がってきます。

えり先のゆるみの作り方

襟の先を綺麗に出す方法

襟の先をひっくり返した時先がふくらんだり、台形みたいになったりして困っていませんか?

角を綺麗にだすには中の縫い代を、綺麗に整えるのが大事なんです。

一般的に知られているのは襟の先を斜めに切る方法です。
これだと直角などの角の角度の大きいものは比較的綺麗に行きます。
ただし角度のきつい襟だと先の方が中に縫い代が収まりきれずにパンパンに膨らんで困った方もいると思います。
また襟の角を縫うと縫い目が飛んだりしませんか?

縫い目が飛ぶ原因。

生地の厚いところから薄いところに向かって縫うとミシンは縫い目が飛びやすいです。
次のように縫い代の角度が細くなるように切れば重なりが減って厚みも減るので目飛びしにくくなります。

中の縫い代の収まりを良くするためには、斜めに切る角度を変えて、縫い代の斜めの長さをながくするんです。

するとたたんだ時に襟の縫い代の重なりが最小限になって落ち着くんですよ!

さらにきれいにするコツ

さらに綺麗にするには縫った所の縫い代を3mmに切る。
接着芯を貼ったほうの縫い代を5mmに切る。
こうすると縫い代の端がずれるのでアイロンをかけた時中の縫い代の形が、少し目立ちにくくなります。

あまり縫い代を細く切りすぎると繊維がほぐれて破れてしまうので辺は3mm、角は2mm縫い代を残してください。

ひっくり返したら目打ちなどで引っ張り出そうとすると端がほぐれてしまうことがあります。

角は無理やり引っ張っても綺麗になりません。

中の縫い代を整えるのが重要なので、目打ちなどで中の縫い代を綺麗に広げるように整えてください。

そして角の両方の辺を角と逆側に引っ張る。

すると狭いところでギュウギュウ詰になっていた縫い代の乱れが引っ張られて整えやすくなります


表えりを表側に返して0.5㎝幅で縫う。


0.5cm縫った方を1cm位しつけ糸の印がある方へ折る。



折ったまま、下から0.5㎝幅で縫う。


断面図

こうすると図のように外側に見えるえり(接着芯の貼ったえり)が膨らみます。
このふくらみが着た時にえりを折り曲げた時の必要な長さの差なので、膨らむのが正解です。

表えりと台えりを縫う

襟はデザインによって途中からのものと前の端に襟を合わせているものがあります。
型紙に印があると思うので、間違わないように位置をあわせる。

えりにはゆるみが入っていたり、張りを出すために芯がついていたり向きを間違えると見栄えが悪くなるので、印をつけるのを忘れたり取れていたりしたら印をつけてください。
接着芯を貼ってない方に印をつける。


印のある台えりに、印が見えるように表えりを重ねる。


表えりの両端を台えりに縫いこまないように、内側へよけておく。
1cm幅で縫う。
縫ったところの縫い代を5mmに切る。


台えりを表に返して、アイロンで形を整える。
縫い目から0.5cm幅で縫う。


表にした身頃(胴体)にえりを重ねる。
しつけ糸の印が隠れるように置く。
えりの両端を印に合わせる。
仮止めなので表に出ないように5mm幅でえりを縫う。

印がない場合


裏地や見返しをつけるための縫い代1cm開けてえりを重ねる。
仮止めなので表に出ないように5mm幅でえりを縫う。

裏・みかえしをつける

肩を縫い合わせた、裏地か見返しを表同士が内側になるように重ねる。
1cm幅で縫う。
左が裏地の場合、右が見返しの場合。


カーブの縫い代を縫い目を切らないように、1~1.5cm間隔程度で三角に切れ目を入れる。
縫い代を5mm幅に切る。
切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつるので必ず切れ目を入れる。


ギリギリを切るとほぐれやすいので、角の縫い目から2mm離れた所を切る。


裏地や見返しを内側に入れてアイロンで形を整える。
首と前中心を5mm幅で縫う。

関連のデザイン

【おさいほう】シャツ(ターンオーバー)カラーの製図(型紙の作り方)
えりの途中で折り返してあるシャツえりの型紙の作り方です
【おさいほう】ブラウスの縫い方
ブラウスの型紙を見る 印刷用説明書ダウンロード 洋服パズル シャツ 画像の...
シンプルブラウスの縫い方
シンプルブラウスの型紙を見る 印刷用説明書ダウンロード 部分縫いのページにはさらに詳しい...
【おさいほう】前たてのあるYシャツの縫い方
Yシャツの型紙を見る ボタンダウンシャツ(メンズ〉の型紙を見る 縫い方 ...
【おさいほう】ワークシャツの縫い方
ワークシャツの型紙を見る 縫い方 服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画を...
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する