【おさいほう】キレイな角の出し方【動画】

シャツのえりやすそ、袋物の角をキレイに出したいですよね。

でも先が丸くなったり、とがったもので引っ張り出したらほつれてきたりした方も少なくないはず。

目打ちや針などを使わずに角をきれいに出す方法です

角度が細い角をひっくり返す方法

襟の先をひっくり返した時先がふくらんだり、台形みたいになったりして困っていませんか?

角を綺麗にだすには中の縫い代を、綺麗に整えるのが大事なんです。

一般的に知られているのは襟の先を斜めに切る方法です。

これだと直角などの角の角度の大きいものは比較的綺麗に行きます。

ただし角度のきつい襟だと先の方が中に縫い代が収まりきれずにパンパンに膨らんで困った方いると思います。

また襟の角を縫うと縫い目が飛んだりしませんか?

中の縫い代の収まりを良くするためには、斜めに切る角度を変えて、縫い代の斜めの長さをながくするんです。

すると畳んだ時に襟の縫い代の重なりが最小限になって落ち着くんですよ!

一つ前の切り方で縫い目が飛ぶ原因。

それは生地の厚いところから薄いところに向かって縫うとミシンは縫い目が飛びやすいです。

例えばズボンの裾(すそ)の脇の縫い代の所とかよく目が飛ぶのですが、それも原因は同じです

ですがこのように斜めに切れば重なりが減って厚みも減るので目飛びしにくくなるんですね!

さらに綺麗にするには1cmの縫い代を5mmに切る。

ここまではよく聞くと思います。

さらに手縫いでしつけ糸で印をつけた側の襟の縫い代を3mmにしてください。

こうすると縫い代の端がずれるのでアイロンをかけた時中の縫い代の形が、少し目立ちにくくなります。

あまり縫い代を細く切りすぎると繊維がほぐれて破れてしまうので辺は3mm、角は2mm縫い代を残してください。

ひっくり返したら目打ちなどで引っ張り出そうとすると端がほぐれてしまうことがあります。

角は無理やり引っ張っても綺麗になりません。

中の縫い代を整えるのが重要なので、目打ちなどで中の縫い代を綺麗に広げるように整えてください。

そして角の両方の辺を角と逆側に引っ張る。

すると狭いところでギュウギュウ詰になっていた縫い代の乱れが引っ張られて整えやすくなります