手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ワイシャツやブラウスの作り方

ブラウスの縫い方
translate



ブラウスの型紙 デザイン改造用の型紙



このデザインに使いやすい生地

T/Cブロード
綿とポリエステル混紡素材で、普通のブロードに比べ少々高いのですが、しわになりにくく縫いやすい生地なので、毎日のお洗濯のあとのお手入れがラクなんです。
普段着使いにしたいのなら、TCブロードが一番だと思います!
塩素系漂白剤の使用はおさけ下さいね。

シーチング TCブロードに比べシワが入りやすいですが、風合いが柔らかく、無地ならば色数も豊富で、値段もお手ごろです。
縫いやすく、初心者には扱いやすいです。

ツイル中厚地の生地なので縫いやすいです。カジュアルでザクッとした感じのデザインにしたいときにどうぞ。

必要な生地の量は、布の幅によって変わってくるので、デザイン画を持って行けばお店によっては店員さんが計算してくれたりしますよ。


印刷用説明書ダウンロード初心者向けソーイングブック
Heart warming life series―基礎シリーズ

ムキ先生に許可を頂いて、どんな本か中身をちょっとだけ見れるようにしました


JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


ダーツ(服を立体にするためのつまみ)を縫ってください。
(このデザインに関してはダーツを縫ってからほつれ止めをしたほうが良いです)

ダーツは頂点と下の点を結ぶように半分に折りくの字に縫う。

ほつれ止めをする

ダーツは前は脇、後は中心に向けて折って下さい。
←片方に縫い代を折ることを洋裁用語で倒すといいます

布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

ダーツの縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表同士が内側になるように前後の身頃(胴体)を重ねる。

肩と脇を縫ってください。

えりの形は違いますが
縫い方はほぼスタンドカラーの縫い方と同じです。

スタンドカラーの縫い方動画

表を上にした身頃に見返しを裏を上にして重ねる。

台のあるシャツカラーは前中心とすそだけ縫ってください。

台えりのないシャツえりや
スタンドカラーは、端ではなく前中心からえりが付きます。

そのため前中心から出来上がり線までまっすぐ下に縫ってから、出来上がり線上を縫ってください。

表返す際にひきつらないよう角に切り込みを入れてください。

見返しを裏へ返して端から5mmの所を縫ってください。
アイロンですその縫い代を折ってください。

縫い代の幅より0.3〜0.5mm短めの所を縫ってください。

お好みでまつり縫いにしてもよいです
まつりぬい。

表の繊維を1〜2本すくい、折り返した縫い代を縫ってください。
0.5〜1cmおきに同じように表の繊維を救うの繰り返しで縫ってください。

台付きシャツカラーの縫い方 えりの縫い方


スタンドカラーの縫い方動画

台えりのないシャツカラーとフラットカラーの縫い方は同じです

そでの縫い方 シンプルな長袖の縫い方を説明しています。
このほかの縫い方などはデザイン改造用の型紙の横にリンクを用意しています。
そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。

またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの縫い方

そでの準備

そでを縫う

そでを身頃につける

見頃(胴部分)は裏返してそでは表にひっくり返してください

見頃(胴体)の中にそでを入れてください。

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で手縫いしてください。
縫い目の幅は1〜1.5cmくらいの大きな縫い目で縫ってください。
そでを1cmの幅で縫ってください。

そでがついたらしつけ糸は抜いてください。

そでを表側にひっくり返してください。

そでを通して、ちょうどいい長さのところでそで口の縫い代を内側に折ってください。
縫ってください。

前合せにホタンをつけて完成です。
ボタンの穴のあけ方はミシンによって違いますので、ミシンの説明書を参照してください。
分からない場合は→ボタンホールの作り方


ブラウスの型紙

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

シャツスリーブ Mサイズ  Lサイズ サイズ シャツスリーブの縫い方

着物そで Mサイズ 着物そでの縫い方

パフつき姫そで Mサイズ Lサイズ パフつき姫そでの縫い方

姫そで(パゴダスリーブ) Mサイズ  姫そで(パゴダスリーブ)の縫い方

 スカラップそで Mサイズ

 半そでと外せる姫そで Mサイズ Lサイズ パフスリーブの縫い方

 はんそで Mサイズ Lサイズ

スタンドカラーとターンオーバー(シャツ)カラー  Mサイズ ターンオーバーカラーの縫い方

類似型紙

シンプルブラウスの型紙

Yシャツの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト