ターンオーバーカラー 後でえりを折り返すタイプのシャツのえりのつくり方

画像の色の説明

えりの色

胴体

どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいので、しつけ糸などで、裏に隠れる方のえりに印をつける。



後で抜くので玉止めは不要です。

イラストと動画のやり方が違うものもありますが、動画と平面のイラストだとわかりやすい表現が異なることがあります。
どちらでも完成しますので、自分が理解できたほうで作る。

えり先のゆるみを作る。
表に見えるほうのえり」(印の付いていない方)を2~3mm内側にずらしてまち針をさしてください。


えりのゆるみを作る理由。このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと首にそったカーブがありますね?

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。
なのでその分を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。

これをしないと写真の右側のえりのように引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

シャツカラー5 表えりのフチを縫う

縫うときは印をつけているほうを上にして縫うと、ミシンの送り歯(布の下にくるギザギザの部品)がしっかり後に送ってくれるのでずらした分を均等に分散してくれて綺麗に縫えます。

見返しにはさまないタイプ

えりと身頃のえり首を縫う。
裏側の台えりをよけて表側の台えりだけ縫う。


裏のえりの縫い代を中に入れてください。端から2~3mmの所をしつけ糸で縫う。
(大きい縫い目でよいです)


しつけ縫いの2~3mm上をミシンで縫うか、手縫い(まつり縫い)でえりを閉じてください。

シャツカラー4 表えりの縫い方