ターンオーバーカラー 台えりのない簡単なシャツのえりのつくり方

画像の色の説明

えりの色 接着芯

見返し

芯を貼る

1枚のえりの裏に接着芯を貼る。
両方貼ると着心地が悪くなったりするので1枚だけに貼る。


接着芯は縮むので、型紙より1cm位大き目に芯を切る。


布に貼ってから型紙を写す。
アイロンをすべらせると接着芯にしわが入りやすいので、必ず持ち上げてアイロンを移動させる。



線の内側を切る。
切ってから貼ると縮んで長さが合わなくなります。

印をつける

どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいので、しつけ糸などで、接着芯を貼らなかった方のえりに印をつける。



後で抜くので玉止めは不要です。

イラストと動画のやり方が違うものもありますが、動画と平面のイラストだとわかりやすい表現が異なることがあります。
どちらでも完成しますので、自分が理解できたほうで作ってください。

えり先のゆるみを作る。


えりのゆるみを作る理由。このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと首にそったカーブがありますね?


外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。
なのでその分を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。


これをしないと写真の右側のえりのように引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

シャツカラー5 表えりのフチを縫う

えり先のゆるみの作り方

シャツカラーの縫い方

表えりの下側(台えりとくっつける側)を待ち針で止める。


シャツカラーの縫い方

しつけの印のついた方を上にして、折って待ち針を刺す。
この時下の生地まで針が刺さって刺しにくい時は、紙を間にはさむと下まで刺さりにくくなります。


角を斜めに折って待ち針を刺す。
これで布の厚みに応じた適切なゆるみが入ります。


1cm幅で縫う。
縫ったところの縫い代を3mmと5mmに切る。

もっときれいに仕上げたい場合

【おさいほう】キレイな角の出し方【動画】
シャツのえりやすそ、袋物の角をキレイに出したいですよね。 でも先が丸くなったり、とがったもので引っ張り出したらほつれてきたりした方も少なくないはず。 目打ちや針などを使わずに角をきれいに出す方法です
台付きシャツカラーの縫い方1 えりの中に縫い代を入れるタイプ
このような2つのパーツの型紙になります。 各2枚づつ裁断してください。 上側を表(上)衿...

表がえす

表に返して5mmの所を形が崩れないように表から縫う。

印がある方へえりの端を折る。
えりの端を折ったまま端から0.5cmの所を縫う。


この動画は台えりのあるタイプの動画ですがえりのゆるみを入れる部分の参考になると思います。
シャツカラー5 表えりのフチを縫う


えりの糸の印のある面を下にして身頃に重ねる。
えりの端は、身頃の前中心の印に合わせる。(FNPの印の所)
端から5mmの所を縫う。


ここからはスタンドカラーの縫い方動画の縫い方で縫ってもOKです
シャツカラー2見返しの縫い方

見返しを縫う


見返しの両肩を縫う。
縫い代は左右に広げる。



見返しを裏を上にしてかかぶせる。えりと見返しの縫い代を1cm幅で縫う。
すそは型紙によって違うので型紙を確認してください。


えりの縫い代のカーブの所は切込みを忘れずに。切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)
縫い目を切らないように気をつけてね。

すその見返しの縫い代を3mmに切る。
身頃のすそを見返しより1cm外側で5mm残して切る。
縫い代の角を斜めに切る。
角を折りたたむようにして表側にひっくり返す。


えりをよけて端から5mmの所を縫う。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。