手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 和服もどき > 甚平の作り方

甚平の作り方

女性用(縫い代つき)
これはジャンプの漫画BLEACHにあわせてあるので、本物の着物とは違う箇所が多いです。
当方は洋裁工房ですので、本物の和裁を学びたい方は和裁専門のサイトへ行かれる事をお勧めします。

大人用甚平製図

子供用はこちら

どうしても製図が引けない方は


甚平の型紙 改造用のパーツ

※この作り方はコスプレや演劇のための衣装を短時間で安く作りたいという人のためのものです。

洋服と着物がそれぞれ専門店があるように、洋裁と和裁では学ぶ学校も別な異なる専門分野ですのでご了承下さい。

印刷用説明書
甚平の縫い方




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

身頃を内側同士が表になるように重ねて、後身頃の中心を縫ってください。

えり付けの下の部分を三つ折りしてください。

アイロンで後身頃の中心の縫い代を裏から見て右に折ってください。

えりの縫い代をアイロンで折ってください。
さらにそれを真半分に折ってください。
接着芯を貼る場合はここは飛ばしてください。
つけない場合はえり芯を縫ってください。

えり芯を半分に折ってください。
えりを広げてください。
裏を上にしたえりに半分に折ったえり芯を重ねてください。

えりの中心とえり芯の中心を合わせてください。
端から5mmの所を縫ってください。

えりのカーブの所に切り込みを入れてください。
切り込みを入れることで、縫い代のラインをまっすぐに出来るので、直線のえりが縫いやすくなります。

このとき縫い代をまっすぐにする分、肩側の身頃がだぶつきますが、だぶついた所を縫い込まないように気をつけて縫ってください。

切り込みは縫い代の内側まで。(0.7〜0.9cm位)
身頃の表側に、えりを裏を表にして重ねてください。
えりの中心と、後身頃の背中の縫い目を合わせてください。
中心から左、また中心から右と縫っていくと綺麗につけやすいです。
甚平の襟のつけ方 一般的な織物は縦横にはあまり伸びず斜め方向には伸びやすい性質があります。

なので端から順にえりをつけていくと型紙どおりに作ったのに長さが合わなくなることがあります。

えりは斜めに切られているの伸びやすいです。

だから生地の長さどおりにつけると会わなくなるので下の図のように端同士を固定してから、中央をと、等分するように待ち針をさしてください。

生地が伸びる
待ち針の刺し方

えりの先を縫ってください。

えりの中心の折り山を裏が見えるように折ってください。

余分を切ってください。


表側にひっくりかえして、裏から手縫い(まつりぬい)でもいいですし、
手っ取り早く済ませたい方は表からミシンで端から5mmの所を縫ってください。

まつりぬい

そでと身頃(胴体)を縫ってください。

表を上にした身頃の上に裏を上にしたそでを重ねてください。

前後を型紙に「そでつけどまり」と書かれた区間を縫い付けてください。

縫い代は左右に折ってください。
お裁縫の用語で割るといいます。

えりをつける

全部あいたそでの場合

内そでの身頃側の縫い代を折り、ミシンで縫ってください。
そでの内側の縫い代に内そでを縫ってください。

内そでは、そでの型紙を利用してください。。

このとき丈を1〜2cm外のそでより短くすると、中で内そでが落ち着きます。

内そでの底を縫ってください。

そで口を縫ってください。

外そでの底を縫ってください。

外そでの口を縫ってください。

そで口が少しだけ開いているタイプ
腕が通るように23cmあけて横と底を縫ってください。

角をすこし丸くしてください。

表側にひっくりかえしてください。

そで口の縫い代を内側に折り縫ってください。

脇とすそを縫ってください。
  身八つ口(そでと脇縫いの間のあいた部分)の縫い代を内側に折ってください。

 端から5〜7mmの所を縫ってください。

内えりはえりの型紙を使います

内えりをつけてください。

不織布などのかための芯を貼ってください。

長さは着方によってかえてください。
体型やキャラクターによって胸の重なりの位置が異なるので甚平を着たときにどこまでの長さだとはしが見えなくなるかを調べてください。

きっちりえりをあわせるのか、着くずすのかによってえりの見え具合が変わるからです。

体に刺さないように、見えなくなるような位置に待ち針を刺してください。
脱いでメジャーで実際の長さをはかってください。

きっちり合わせるときは短めにしたほうが落ち着きますし、
着くずすときは長めじゃないと内えりの端が表から見えてしまいます。

えりの縫い代をアイロンで裏へ折ってください。
表側が見えるように半分に折ってください。
他の帯と同様にアイロンで縫い代を折り、半分に折ってください。
半分に折った縫い目で逆に裏が見えるように折り返し、両端1cmの所を縫
ってください。
表に返し、端から3〜5mmのところをミシンで縫ってください。
内えりの中心と、甚平の後中心にスナップボタンをつけてください。

前中心の重なりのところにもスナップボタンをつけてください。

右脇と、左脇の上から4〜50センチのとこのろ縫い代に結び紐をつけてください。
結び紐は市販のリボンを使用すると楽です。
あまり布で作りたい場合は横30cm、縦4cmを上記の内えりと同じように作ってください。
帯や紐の縫い方

男性用などにするために肩幅を広くする場合は
左の図の紫の所を広くしてください。

1p足せば肩幅は2p、胸周りは4cm大きくなります

左の図のように前のえりをたたんで角度を変えると前合わせを変えることができます。

ただし、胸の大きさや、着方によってあき具合がかわります。

えりの長さも変わるのでメジャーで直接はかって

縦 (後ろのえり+前のえりの長さ+3cm)×2
横 11cmの長方形に切ってください。

どうしても製図が引けない方は


甚平の型紙

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

改造パーツ

 忍者そでの型紙  忍者そでの縫い方

 つつそでの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

紐の先についた房の作り方

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト