【おさいほう】型紙いらず子供用はんそで甚平の作り方(布の切り方)

型紙がなくても作れちゃう半そで甚平の作り方です。
ほとんど直線なので初心者でも比較的簡単に作れると思います♪

【おさいほう】型紙がなくても作れちゃう!大人用甚平の作り方(布の切り方)
型紙を使わずに直接布に線を描いて作る大人用甚平の作り方です。
どうしても難しい!という方は
70・90サイズまでは甚平の型紙があります

布の切り方 身頃(胴体)


縦Acm 横Bcmの長方形に二枚切る。
サイズは↓ここの作りたいサイズの数値を紙にメモしてから始めると効率が良いです。
子供用甚平のサイズ
80サイズ A 80cm B 27cm (1) 22 ㎝ C 6 ㎝ D 12.5 ㎝ E 1...
うさこ
いきなり実物大で作るのではなく、一度紙に1/10サイズで書いて、切ってみるといいと思います。
1/10ならいくらでも失敗できますからね。


内側が表になるように重ねて二つ折りしてください。

折り山の両端に7mm切込みを入れる。


そでをつける位置の印と身八つ口の印。
筒袖、半そでには身八つ口は不要です。

えり

片端から表のDcm分の所に5mm切込みを入れる。
そこからCcm横に5mmの切込みを入れる。

えりくび

Cの所から下に1cm直角に線を引いてください。


2cmの端から直角に2cm線を引いてください。(おとな


2cmの所からDの切り込みの端に向かってフリーハンドで線を引いてください。

この線どおりに二枚折ったまま切る。


広げる。

脇からEcm分の所からえりのところまでまっすぐ切る。


左側の真ん中のしるしからFcm分上の所から直角に2cm切る。


2cmの所からえりまでまっすぐに切る。

肩上げ

肩を折りたたんで小さくして、お子さんが大きくなってもここを調整して着られるようにします。

肩の幅のちょうど真ん中をまっすぐ線を引いてください。



赤線のGcm分横に線を引いてください。

ここが谷折になります。

折った状態で谷折の所を縫うと肩幅が狭くなります。
お子さんが大きくなったらほどいてここの幅を浅く縫い直せば、肩幅が広くなります

えり

1枚きっる。

図のような長方形を1枚切る。

生地の長さが足りない場合はGを半分にして二枚切ってつなげても良い。
余裕を持って左右4cmほど長めに計算しています。

えりをつける所は斜めになっているので生地が伸びやすい。
長さが足りない場合は伸びている可能性があるので、先に端を合わせて均等に待ち針を刺してえりの方に長さをあわせて縫う。


えりを半分に折って折り山を端から7mm切込みを入れて印をつける。

そで

二枚切る

甚平の布の切り方

そで口側を2cmで折る。


筒袖にする場合はそで口に向かって斜めに切る。

袖口を折ったまま上下からCcm分内側に線を引いて切る。

同じようにもう1枚も切る。

そで口の広さは22~72cm位でデザインに応じて変えてください
(72㎝つまりCを0にすると四角のそでになります)

 紐

縦5cm、横30cmの長方形を4本切る。

必要な生地の量について

生地の量は生地の幅によって左右されます。
なので、自分がこれから買おうとしている、もしくは既に持っている生地の幅を確認して、10分の1サイズくらいで作った生地の幅の枠に、同じく10分の1くらいで作った型紙をおいて、どうやったら効率よく裁断できるかシュミレーションしてみると良いでしょう。

縫い方

【おさいほう】初心者でも簡単!甚平の作り方【動画】
動画があるから初心者でも安心、子供用からレディース、メンズまで作れちゃう甚平のつくり方
【おさいほう】甚平の縫い方
夏にうれしい甚平の縫い方です

※この作り方はコスプレや演劇のための衣装を短時間で安く作りたいという人のためのものです。
洋服と着物がそれぞれ専門店があるように、洋裁と和裁では学ぶ学校も別な異なる専門分野です。
本格的な着物を学びたい方は「和裁」のサイトをご利用いただけたら幸いです。