【おさいほう】祭りたっつけ袴の作り方

袴の布の切り方(ズボン部分)

※この作り方はコスプレや演劇のための衣装を短時間で安く作りたいという人のためのものです。

洋服と着物がそれぞれ専門店があるように、洋裁と和裁では学ぶ学校も別な異なる専門分野ですので本格的な着物を学びたい方は「和裁」のサイトをご利用いただけたら幸いです。

祭りたっつけ袴の型紙を見る

刷用説明書ダウンロード

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  

布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

印つけとヒダの折り方


丈だけ伸ばしたい場合

丈だけ伸ばしたい場合はすそに対して平行に横に切ってください。
伸ばしたい分広げて間に紙を足してください。
広げた分ヒダの線がずれるので、線を引きなおしてください。

線を引きなおすときは端から端に向かって線を引くとサイズが多少変わってしまいます。

そのため、端ではなく、出来上がり線(青線)と折り山の線の交わった所を定規で線を引いてください。

縫い方 帯

https://yousai.net/nui/hakama/maturitattuke/mini2.jpg

帯は2枚を表同士が内側になるように重ねてつなげてください。


前後の帯と足の紐を作ってください。



生地の縫い代をアイロンで裏側へ折ってください。

さらに半分に折ってください。



後ろ帯は先に半分に折ってください。
真ん中の折り目の所を2mmほど隙間を開けて両端を折ってください。

(隙間は布の厚み分)


足の紐は両端の縫い代を裏側へ折ってください。

半分に折ってください。
端から2~5mmくらいの所を縫ってください。


紐帯の縫い方

すねあてを縫う

紐をすねあての部分の表の上に重ねてください。

紐とすねあての中心を合わせ左右7cmほど縫って固定してください。


紐を縫いこまないようによけてください。

内側が表になるように折り、上から印までの間を縫ってください。


アイロンですその縫い代を折ってから、脇の縫い代を左右に広げてください。


左右に広げた所の縫い代を端から5mm位の所を縫ってください。

縫いにくかったら熱接着の両面テープでくっつけてもいいです。

すそは端から1.5cmの所を縫ってください。

切りじつけをする

https://yousai.net/nui/hakama/maturitattuke/mini10.jpg

線の上を2枚一緒に仕付け糸で印をつけてください。

布に糸で印をつける方法 切りじつけの仕方
チャコペンもチャコペーパーもない遙か昔から伝わる、なれるととても効率のいい糸で布に印をつける方法です

仕付け糸を2色持っている場合は山折と谷折の印を色を変えておくと間違えにくいです。

ヒダの折り方

折り目をつける

https://yousai.net/nui/hakama/maturitattuke/mini10.jpg

アイロンで表から見たときにヒダを内側に向かって折って下さい。
端の斜めの所は裏に折って下さい。

表から見たとき
緑の線は山折り
赤の線は谷折りです。


折りたたむと端から3つ目のヒダが斜めのところからはみ出します。
はみ出したところは、表から見て見えないように適当に折ってください。
ここの折り目を型紙書くと線が細かくなるのであえて入れていません。
シルエットなどに影響のない部分なので、折る幅は見えなければ何cmでもかまいません。



ピシッとライナー 【防水】

※ポイント
プリーツ固定液を使ってください。
これを使わないとヒダが徐々に消えてしまいがちです。
特に綿や麻で作るときにこれを使わないと縫っている間にヒダが消えることがあります。


https://yousai.net/nui/hakama/maturitattuke/mini7.jpg

前の斜めの折り目を笹ヒダというそうです。


脇側の折り目を裏に折ってください。


一番内側の斜め折り線から表に折り返して下さい。


脇から2本目の折り線の1mmほど脇側を縫って下さい。


2本目の折り線で脇に向かって折り、端を縫って下さい

和裁だと表に出ないように縫っていくのですが、コスプレ用ですのでミシンで端から2~5mmのところを縫っても良いです


https://yousai.net/nui/hakama/maturitattuke/mini13.jpg

後の斜めの所は「投げ」というそうです。

後は裏側に2度折ってまつり縫いするか、熱接着の両面テープで固定してください。


笹ヒダの縫い方


まつり縫いの仕方

中心を縫う

https://yousai.net/nui/hakama/maturitattuke/mini3.jpg

ヒダを縫いこまないようにいったん広げてください。
前は前同士、後は後同士表が内側になるように重ねてください。

股のところを縫い代1cmで縫ってください。


アイロンでつけた折り目どおりにたたんでください。
端の斜めに折った所を縫ってください。
布の端から5mm位のところを直線で縫ってください。
ヒダが取れないように上側も5mmの所を縫ってください。


すそは脚絆部分がつくのでしっかりサイズをあわせてヒダを固定してください。

★=女性~細身男性は21cmになるように折りたたんで、固定してください。
男性用は22cmになるようにたたんでください。


https://yousai.net/nui/hakama/maturitattuke/matasita1.jpg

前中心に股の下のパーツを表側同士が内側になるように重ねてください。

1㎝幅で縫ってください。

端から端まで縫うのではなく、印同士を合わせて印の間を縫ってください。


同じように後ろ側と股下のパーツを縫ってください。


股の下を縫ってください。1㎝幅で縫ってください。


前と後を表同士が内側になるように重ねてください。
脇を1cmの縫い代で縫ってください。


裏側が見える状態の袴の中に、表側にひっくり返したすねあての部分を入れてください。

すねあての縫い目が、袴の後身頃の中心に来るようにあわせて1㎝幅で縫ってください。

帯をつける


表側同士が内側になるように前の袴の上側に、前帯(長い帯)を重ねてください。
帯の長さの中心と、袴の中心を合わせて、縫い代1cmで縫ってください。



帯の端を裏に折ってください。

帯を折り目で半分に折って前の袴の上の部分を包んで端から5mmの所を縫ってください。


後の帯を袴の上に表同士が内側になるように重ねてください。
後身頃の中心と、帯の中心の位置を合わせてください。
アイロンでつけた折り目の1mm上側を縫ってください。


前と同じように両端1cmを裏に折って下さい。
アイロンの折り目で半分に折り、5mmの所を縫ってください。

マジックテープ方式にする場合

マジックファスナー用の帯の型紙を使ってください。

ウエストが80cm以上の場合

布を切る前に後の帯を(ウエスト-80)÷2の長さ足すか

布の横に(ウエスト-80)÷2の長さの布を足して長くしてください。


マジックテープ仕様の後ろ帯の折り方は長い帯の後ろと同じです。


表を上にした前身頃に裏を上にした帯を重ねて下さい。

縫い代1cmはみださせて下さい。


両端の縫い代を裏側に折ってください。


帯を折り目で半分に折って前の袴の上の部分を包んで端から5mmの所を縫ってください。


コスプレ衣装などで袴のウエストが隠れるデザインならば前を短く作りマジックテープで止めるように作ると着替えが楽です。

前見頃(前ズボン)の帯の裏側にマジックテープ(柔らかいほう)を縫ってください。


後の帯を袴の上に表同士が内側になるように重ねてください。
後身頃の中心と、帯の中心の位置を合わせてください。
アイロンでつけた折り目の1mm上側を縫ってください。


前と同じように両端1cmを裏に折って下さい。
アイロンの折り目で半分に折り、5mmの所を縫ってください。

後の帯は外側にマジックテープを重ねてください。

ウエストに試着してちょうどいい位置にマジックテープを
ミシンでテープの端から2~5mmくらいの所を縫ってください。

この型紙で作りました

祭りたっつけ袴の型紙

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

はかま用脇ポケットの縫い方

いるもの

□ 表生地
□ マジックテープ方式の場合はマジックテープ

オススメの生地

株式会社カトウのポリエステルツイル

化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです。
張りがあります、パニエを下にはいて広げたい場合に向いていますが、張りがある分柔らかくドレープを出したい場合には向きません。
初心者にも扱いやすい生地です。

ポリエステルツイル

ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです。

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

シャンタン

表が光沢なし、裏が光沢ありで、均等な太さの繊維ではなく多少繊維の太さにばらつきがあるので、機械製品っぽくない素朴な風合いがでて、和装コスプレに最適です。

和調無地(スラブドビー)

綿100%で作りたいなら、ドビー織りの生地もいいかも。温かみがあって、シーチングなどに比べしわになりにくいです。
昔っぽい風合い、お祭りなどの衣装で汗を吸い取って欲しいなどの場合はこちらがいいかも。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー