セーラーカラーのパネルラインのワンピースの縫い方

セーラーカラーのパネルラインのワンピース

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。全部を手縫いで作る場合はここは省略してください


端から1cmの所を縫ってください。縫い終わったら仕付け糸ははずしてください


試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合アイロンでそで口を2cm裏へ折って下さい。

1.5cmのところを縫ってください。
多少の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください

すそを縫う

すそをあげてください。すそあげの詳しい方法はこちら

すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、折りあげた時端がだぶついてしまいます。

そのため、すそから5mm位の所にギャザーを寄せてください。
大きなしわが入らない程度に縮めながら、アイロンで縫い代を折ってください。

縫い代より0.5cm短い所を縫ってください。

すそのあげ方

アイロンで2cm裏へ折ってください。すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、

折りあげた時端がだぶついてしまいます。
すその縫い代の2倍の幅の所に印をつけてください。


フレアスカートのようなすそのカーブのきついデザインは左のようにすその縫い代がずれてねじれてしまいやすいです。こういう場合は、熱接着の両面テープを使うと生地がずれません。

熱接着の両面テープ


印から5mmはなれたところに熱接着の両面テープを貼ってください。

アイロンで出来上がり線で折る。そのまますそ上げをすると、端の方が出来上がりの長さより長いので、しわがよったり綺麗にすそ上げが出来ません。


このように長さの差がだぶつきになります。

すそから3~5mmくらいの所に、ギャザーをよせてください。ギャザーの縫い方


下糸(ミシンのボビン側の糸)を引っ張りながら縮める。均等に縮めながらアイロンを掛けるとこのように綺麗に落ち着きます。
※カーブのきつい場合は多少ダブつきます。


1.5cmの幅で縫ってください。こうすると生地がねじれずにすそがあげられます。

えりの改造方法

セーラーカラーの型紙にテープで紙を貼ってください。
Aの幅は型紙を体に当てて鏡を見ながら決めてください。

※縫い代は省略しています。



改造したら縫い代をつけてください。

襟先を結んだ線を延長して、襟を広げると図のようになります。

※型紙によっては角度が変わることもあります。


えりの先の角度を変えたい場合

紙を足して外側に上がるように線を引くと実際のえりの先も上がります。


改造したら縫い代をつけてください

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます ※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

フラットカラー M・Lサイズ フラットカラーの縫い方

シャツカラー1 Mサイズ Lサイズ シャツカラーの縫い方

シャツカラー2 Mサイズ Lサイズ シャツカラーの縫い方

パフスリーブ Sサイズ Mサイズ Lサイズ パフスリーブの縫い方

ジゴスリーブ Sサイズ Mサイズ Lサイズ ジゴスリーブの縫い方

 長そで Sサイズ Mサイズ Lサイズ

半そで Sサイズ Mサイズ Lサイズ

ビショップスリーブ Sサイズ Mサイズ Lサイズ ビショップスリーブの縫い方

いるもの

□ 表生地

□ ボタン(隠したい場合はスナップボタン 1~1.2cmのもの)
前中心5~7個(ボタンの数はお好みの数つけてください そで口2個

□ 接着芯 100cm~(改造パーツの形による)

□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

株式会社カトウのポリエステルツイル

化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
張りがあります、パニエを下にはいて広げたい場合に向いていますが、張りがある分柔らかくドレープを出したい場合には向きません。
初心者にも扱いやすい生地です。

ポリエステルツイル ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

類似型紙

チャイナワンピースの型紙

胸切替のキャミソールの型紙

プリンセスラインのワンピース後ファスナータイプの型紙

ウエスト切り替えのギャザーワンピースの型紙

前ボタンのプリンセスラインのワンピースの型紙

ウエスト切り替えのワンピースの型紙

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー