裏付きロングケープの作り方



ロングケープAの作り方はこちら

印刷用説明書ダウンロード

つくり方

裏地について

後身頃の型紙についた線の意味です


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ
表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定されたパーツの生地の裏に接着芯を付けてください。

初めての人は縫う前の下準備で、詳しく説明しています。

肩を縫う


ケープの前後パーツを表が内側になるように二枚重ねて縫ってください。
(これをお裁縫の用語で中表といいます)

肩から脇を1cm幅で縫ってください。

えりをつけない場合はえりの縫い方の部分は飛ばしてください

えりを縫う

えりは、どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいです。
なので、区別をつけるために、しつけ糸などで、裏に隠れる方のえりを2cmほど手縫いをして印をつけてください。
完成したら抜くので玉止めはしなくていいですよ。

 図1

 図2

えりのゆるみを作る理由。

このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと
首にそったカーブ(図1)がありますね?



外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。

これをしないと図2の右のえりのように引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。


衿(えり)を表が内側になるように二枚重ねてください。
えり先のゆるみを作ってください。
このとき図Aのように「表に見えるほうのえり」(印の付いていない方)を2~3mm内側にずらしてまち針をさしてください。
しわが入らないように、目打ちなどでダブ付いた分を押しこむようにして縫ってください。



1㎝幅で縫ってください。
※衿に縫い付ける所は縫わない。


表側にひっくり返してアイロン等で形を整えてください。
端から0.5cmのところを縫ってください。
これをお裁縫の用語でステッチといいます。


印がある方へえりに付ける部分の縫い代を折ってください。
この時えりがずれます。
このずれが折り返しの緩みになります


上で出来たずれを、そのままに端から0.5cmの所を縫ってください。



表にしたケープの上にえりのしつけで印をした方を下にして重ねてください。
端から0.5cmのところを縫って下さい。

※前中心は縫い代があるので、えりの端は端から1cmの所に付けてください

裏地とすその見返しを縫う


裏地にすその見返しを表側同士が内側になるように重ねてください。
1㎝幅で縫ってください。
縫い代は上側に折ってください。


裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさにしてください。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

裏地を綺麗に仕上げるコツ


縫い代の幅は1.5cmありますが1㎝幅で縫ってください。
5mmの差が調節用の余裕になります。


5mmほど縫い代より内側をアイロンで折ってください。
アイロンの温度は中~低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

折り目を広げないように気をつけて生地を広げて、続きの作業をしてください
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。
この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください



前裏地に前中心の見返しを表同士が内側になるように重ねてください。

1㎝幅で縫ってください。
縫い代は脇に向かって折ってください。



後裏地にすそ見返しを縫いつけてください。
縫い代は上側に折ってください。

裏地の肩を縫う


裏と表の裏地を表同士が内側になるように重ねてください。
肩を1㎝幅で縫ってください。



表地と裏地を表側が内側同士になるように重ねてくだささい。

ひっくり返すために後のすそを7~8cmあけて1cm幅で縫ってください。

7~8cmあけたところの縫い代をアイロンで裏地側に折り目をつけてください。
あけた所から表にひっくり返してください。



ケープの周りを、端から5mmの所を縫ってください。
えりをつけた場合はえりをよけて縫ってください。


前の固定の仕方

 
前中心にリボンを縫い付けたり、コート用のボタンをつけてもいいです

またお好みで前中心のパーツを2枚重ねてバイアステープで包んでください。

裏側にスナップボタンをつけてください。
ケープにもスナップをつけてください。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする