ギャザーマントの縫い方

印刷用説明書ダウンロード

布を切る

作業がしやすいように先に

横106cm 縦は作りたい希望の丈+10㎝の長方形に布を切る
二枚作る。


2枚の布を表同士が内側になるように重ねる。
型紙を上と両端をあわせるように重ねて線を写してください。
型紙の待ち針の絵の所は重要な位置のしるしなので、線と待ち針が交わったところに必ず印をつける。
くわしくは縫う前の下準備を参照する。

接着芯を貼る

型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

ほつれ止をする

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

■表側  ■裏側

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

前中心を縫う

前中心の見返しを表からみえるように折り、すその縫い代を縫う。
見返しを裏へ折る。
前中心を端から5mmの所を縫う。

後中心を縫う

2枚の身頃を図のように表同士が表になるように重ねる。

後中心を1cm幅で縫う。 (赤い線のところ)


縫い終わったら縫い代をアイロンで折る。

すそを縫う

すそをアイロンで折り縫う。

首元にギャザーを寄せる



ギャザーの寄せ方

首元をバイアスで包む


首にバイアステープを縫う。
前を紐で結ぶタイプにしたい場合はバイアスを長めにすると、長い部分が紐になります。

ボタンなどにしたい場合は1.5cm程長めにして切る。


バイアスの端は裏が見えるように半分に折って端を縫う。
長く伸ばす場合は、端から1cmの所。
短くする場合は、前中心の延長線上を縫う。

ベルトの縫い方



バイアスを表に返して、縫い目から2~5mmのところを縫う。

フードを付ける場合


バイアスを縫いつける前にフードをつける。
フードを表同士が表になるように重ねる。
カーブの方を縫う。

縫い代はどちらか片方に折る

フードを左右に広げて、表から、縫い代が動かないように固定する。


前側の縫い代を折って縫う。

表を上にした身頃の上にフードを裏が見えるように重ねて縫う。


バイアステープで、えりとフードの縫い代を一緒に包んでください。

改造用の型紙

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

普通サイズのフード 特大サイズのフード

いるもの

□ 表生地
□ 裏地
□ 接着芯 50cm~(布の幅による)
□ お好みでボタン、スナップボタン
□ 生地の色にあった糸

このデザインに使いやすい生地

●光沢が欲しい場合

ポリエステルサテン
幅が広く軽いのでおすすめです

●光沢が無い方がいい場合

ポリエステルアムンゼン

すそをひるがえさせたり、軽い、薄いを重視するのなら上記化繊が軽くてしわになりにくくオススメです。

リアルを重視するなら、位が高い人ならウール、ジャガードなど、厚みがあり豪奢な生地を。
一般人の旅人風だと綿など天然素材が使われていたと思いますが、天然素材はしわになりやすいので、コスプレには向かないと思います。

このデザインは布を多く使うのと、歩いたり何か動作した時にいかにさらりとなびくかがポイントなので、摩擦力の高い綿生地よりポリエステル等のサラサラした薄手を選ぶのがポイントです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

関連型紙

三角マント

外套(マントの縫い方)

外套(マント)の縫い方ケープの製図 ケープの型紙

ロングケープの型紙 ロングケープの型紙の書き方

子供用ケープ

子供用簡単ギャザーマント