「おさいほう」ワッペンのつくり方

ジグザグ縫いで作るワッペンの作り方

お好みのデザインをパソコンか紙に描く。
ちなみに左の図はうちの家紋で剣カタバミと言うそうです。


紙に描いたらパーツ毎に切る

接着芯を貼る


布の裏に接着芯を型紙より大きめに貼る。
接着芯を貼るだけでほつれにくくなります。
接着芯の貼り方は縫う前の下準備参照する。
合皮などほつれにくいものを使う場合は芯は貼らなくても良いです。

柄を写し、型紙を外す。
線どおりに切る。


切ったパーツを土台の上に重ねる。
固定に軽くボンドをつけてもよいです。
両面熱接着テープなどを使うと手が汚れません。(アイロンでくっつく両面テープの事)

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界と共有。

仮固定したあと端から1mmくらいの所をミシンで縫うとはがれにくく、ズレにくくなります。


ジグザグ縫いを選ぶ。
一番小さい幅のもの(横幅2~3mm位のもの)を選んでください。
縫い目の長さも2~3mmにしてください。


布のふちを縫っていくとほつれずさらにワッペンぽくなります。
生地によっては縫い目の長さが短すぎると食い込みやすいものがあるので試しぬいをしてくださいね。
ジグザグぬいから1~2mm離れた所を切り落とす。
あとはお好みの所に縫い付けるなり貼り付ければOKです。


ワッペンではないですが写真の衣装の柄は上記の作り方で作ってます。