【おさいほう】単色で簡単に布に綺麗な柄を入れられる布用シールの使い方

まずアイロンラバーシートを手に入れます。

型紙と一緒に買える金色ラバーシートの取り扱い始めました。
種類が多すぎるので分かりにくいと言う声が合ったので簡単な説明です。
「ステカ~サイズ30cm」「クラフトロボサイズ22cm」の「ステカ~」「クラフトロボ」の部分はは自動的にシートをカットしてくれる機械(カッティングプロッター)の名称です。

現在はシルエットカメオという名前で販売されています。
横幅22cm縦は設定次第のものがカットできます。
ちなみに上記リンク先は、私がカッティングプロッターを購入したお店です。
ブラザー製もあります。

ScanNCut(スキャン カット) CM300 |Brother社製 小型カッティングマシン 〜296mm幅

機械によって使える幅が違うので横幅とか長さとかが明記されています。
ただ、カッターなどでも切り絵の要領で切れるので、カッターで切り出す方は
この機械の名称は無視して自分の作りたいサイズより少し大きめのサイズのものを選べばOKです

・「つや消しラバーシート」 表面がテカらないラバーシートです。
落ち着いた感じの柄を入れたい場合はこれを

撥水・ナイロン生地用」 高温でアイロンをかけられない生地用のシート。低温で接着できます
・「ラバーシートグリッター」 ラメ入りです
・「ホログラムラバーシート」 ビックリマンのキラシールみたいなシートです
・「ミラーラバーシート」 鏡のようにツルツルして顔が映りそうな感じのメタルっぽい?シート
・「フロッキーシート」フェルトのような感じのアイロンでくっつけるシート
やわらかい風合い、少し立体感が出せます

使い方

ラバーシートはこんな感じです

表面の透明なフィルム(厚い)があるほうが表から見えるほうです。
ですがこの透明フィルムはあとではがすので、柄となるシートのほうだけお好みの形に切り出す事になります。
なので裏側からカットするので、必ず左右反転させて切り出してください。


切る前にパソコンやコンビニのコピー機の左右反転機能を使ったり、透けるような紙に書いて、裏から線をなぞってもかまいません。


ラバーシートの上に裏返して重ねて、テープで固定して、シートと一緒にカットしてください。

柄をシールに写す方法

絵や文字を書いた紙の裏を鉛筆やシャーペンで塗る。


シールの裏側に絵が見えるようにテープで固定する。


ボールペンでなぞると柄を移すことができます


カットするときは、入れたい模様のふちを切るようにしてくださいね。
この時に力を入れすぎて、表面のフィルムまでカットしないようにね!
←青い部分を切ります


カッターできるとこんな感じにスジが見えます。