パフスリーブ付きの付け袖の縫い方。

基本形

胴体につながっていない独立したパフスリーブの作り方です。

長方形の布の上下にゴムをいれただけです。

ボリュームを決める


A=紙を腕に巻いて希望のボリュームになるように鏡で確認して長さを決める。 。


同じように鏡を見ながら

B=実際の直線のそでの丈(赤線)

C=膨らんだときの希望のボリュームの長さ(ピンクの線)

D=二の腕の太さ

をメジャーを体に当てて決める。

布を切る


横 A(作りたいボリューム)+2cm

縦 C+4cm

レースをつける(お好み)


レースをつける場合は端から1cm開けてレースを重ねる。
表同士が内側になるようにして端から2cmのところを縫う。
ゴムで縮んでギャザーが入るので、レースはギャザーの寄ってないものを使う。

上下の縫い代を折って縫う

上下を2cm折る。
端から1.5cmのところを縫う

ゴムを入れる


ゴムをDcmで切る。


ゴムを通してください。
端を1㎝出した状態で端から5mmのところを縫ってゴムが抜けないようにしてください。
反対側の端は、紐通しをはずして3~4cm出した状態で端から5mmのところを縫う。

このゴムをはみ出させるのが縫いやすくするコツです。

そで底を縫う


はみ出したゴムを切る。
内側が表になるように半分に折る。
1cmのところを縫う。