【おさいほう】布にラインの模様を入れる方法

セーラーライン

学生服などの襟など細めのラインを入れたいときは
セーラーテープ(セーラーライン)というものを使います

縫い方

このように太いものを入れる場合は、リボンやバイアステープを使います。
カーブがゆるい、もしくはカーブがない場合はリボン。


フレアスカートのように縫い付けるところのカーブがきついものはバイアステープが向いています。

印をつける

セーラーのラインの入れ方
まず基準となる線を書く。
布には縫い代があるので縫い代を考慮した幅で線を書く。
定規にマスキングテープなどを巻いておくと効率がいいですよ。


セーラーテープの裏に両面接着芯を貼る。
熱接着の両面テープ

使い方は動画を見てね

はくり紙のあるタイプ

はく離紙のない熱接着の両面テープ

はくり紙がない分安いです

角の貼り方

角は折り曲げる気持ち手前までアイロンをかける


折り返す。
このときはまだアイロンはかけない。
赤線のところで折ると綺麗に角が出来ます

複数貼るときのコツ

複数ラインを入れるときは、どうしても多少のゆがみが出てしまうので、布の端から長さをあわせるより、最初のラインに対して平行に貼ったほうがゆがみが目立たないようです。


必要な数貼る。
貼ったら、アイロンで両端を縫って固定する。

https://yousai.net/nui/gara/line/3.jpg

厚い生地は芯を張らなくてもいいのですが、薄い生地は、縫うときに糸の力で縮んでしまう事もあります。
縮み防止に、ラインをつける側のえりの裏側に張りのある接着芯を貼る。

ステンシルでライン入れ

ビーズをライン状に縫い付ける

関連ページ

【おさいほう】布や合皮に使える金色ペンがないか試してみました
布に金の柄を入れたい。どの画材が向いてるの!?実際に試してみました。
布を切って貼り付けて柄を入れる方法
入れたい模様の形に布を切って生地の上に重ねて柄を作る方法です。
【おさいほう】布にラインの模様を入れる方法
リボンやテープ、絵の具等を使って洋服に線の模様を入れる方法
【おさいほう】単色で簡単に布に綺麗な柄を入れられる布用シールの使い方
ムラなく金や銀など綺麗に、特別な道具がなくても細かい柄が作れる布用のシールの使い方です
「おさいほう」ワッペンのつくり方
ジグザグ縫いで作るワッペンの作り方 お好みのデザインをパソコンか紙に描く。 ちなみに左の...
【おさいほう】布に絵(線画)を描く方法【動画】
布に文具用のペンで絵を描こうとしたら にじんだ 色がくすんだ! ときれいにかけ...
【おさいほう】布に線の模様を入れる方法【柄いれ】
欲しい柄の布があるのにジャストな柄の布がない! そういうこともあると思います。 カンタン...
印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。