お嬢様気分になるふんわりすその広がるパネルラインのワンピースの縫い方

マキシ(くるぶしまでの)丈で作れば大人っぽい落ち着いた感じになります。

ミニ丈やひざ丈で作るとかわいらしいワンピースになりますよ。
奇をてらわないシンプルなワンピースの形なので

レースやフリルをつければゴシック・ロリータ服も作れます。
アースカラーのストライプや、別珍、ベロア等を使えば上品なスチームパンクのベースのドレスとしても使えますよ♪

洋服パズル 後あきワンピース

 【洋服パズル】 後あきワンピース
うさこ
全く洋裁をしたことがない人は、縫う前に洋服パズルで遊んでみるとどの型紙がどこにくっつくのか想像しやすくなると思います。
洋服と考えると難しそうに見えますが、パズルという視点で見ると難易度ものすごく低いので遊んでみてください。

そでを付けない場合はこの動画を参考にしてください※裏地のところは無視してください

ほつれ止の仕方


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ

前後の中央の部品と脇の部品の縫い方

中央と脇を表同士が内側になるように重ねる。

1cmの幅で縫う。
縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折る。

布の縫い合わせ方


まっすぐ縫う方法


中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。
そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。
脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなります。


例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

後中心の縫い方


後身頃を表同士が内側になるように重ねる。
ファスナー開きどまりという印まで縫う。
縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折る。

←洋裁用語で縫い代を左右に折る事を割るといいます。

ファスナーの付け方


後中心にファスナーをつける。
コンシールファスナーの縫い方

普通のファスナーにしたい場合はこちら


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。

脇と肩の縫い方


前後の肩と脇を縫う。縫い代にアイロンをかけ左右に折る。

肩の縫い方

見返しの縫い方


見返しの肩と脇を縫う。


えりをつける場合シャツカラーはフラットカラーの後開きタイプの縫い方を参照ください

ファスナーあきの上の見返しの縫い方



表を外にした身頃に裏を外にした見返しをかかぶせる。
見返しの後中心側は、ファスナーより5mm手前で折る。
えりくびを縫う。


えりくびのカーブに切り込みを入れてください。縫い目を切らないように注意。
ここで切り込みを入れないと表替えしたときに引きつるので注意してください。


ファスナーを裏側へ折る。


見返しを裏側へ折る。見返しの後中央側を手縫いでファスナーに縫う。
ファスナーは後身頃と縫う。

まつり縫いまつり縫いのしかた

そでの縫い方

作りたいデザインのそでを選んでください

半そでパフスリーブ半そでパフスリーブ

 長そで

ジゴスリーブ

ここから下はジゴスリーブの縫い方です↓


パフ部分の上下にギャザーをよせる。ギャザーの縫い方


左右を間違えないように、注意してください。
表を上にしたベースのそでの上に、パフ部分を裏返し、しかも上下逆に置く。
中心に多めに、両端は5、6cmはギャザーを寄せずに調節して縮めて縫う。


裏返ったパフ部分を起こし、そで山に重ねる。そで山の端から5mmの所を縫う。


表が内側になるように半分に折る。1㎝幅で縫う

そでの準備


そでを縫う


そでは表側が見えるようにひっくり返す。
裏返したままの身頃の中にそでを入れる。
脇→肩→印という順に待ち針を刺す。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整する。

そでを身頃につける


手縫いで端から7mmくらいのところを縫う
縫ったら待ち針ははずす。全部を手縫いで作る場合はここは省略する。


端から1cmの所を縫う。縫い終わったら仕付け糸ははずす。


試着してそでの長さを確認する。
問題がない場合アイロンでそで口を2cm裏へ折る。
1.5cmのところを縫う。
多少の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整する

すそのあげ方

すその縫い方


すそを縫う。
すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、折りあげた時端がだぶついてしまいます。
そのため、すそから5mm位の所にギャザーを寄せて大きなしわが入らない程度に縮めながら、アイロンで縫い代を折る。
アイロンで折り目を付けてから縫う。

アイロンで2cm裏へ折る。
すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、
折りあげた時端がだぶついてしまいます。
すその縫い代の2倍の幅の所に印をつける。


フレアスカートのようなすそのカーブのきついデザインは左のようにすその縫い代がずれてねじれてしまいやすいです。
こういう場合は、熱接着の両面テープを使うと生地がずれません。

熱接着の両面テープ



印から5mmはなれたところに熱接着の両面テープを貼る。

アイロンで出来上がり線で折る。そのまますそ上げをすると、端の方が出来上がりの長さより長いので、しわがよったり綺麗にすそ上げが出来ません。

このように長さの差がだぶつきになります。


すそから3~5mmくらいの所に、ギャザーをよせてください。

ギャザーの縫い方


下糸(ミシンのボビン側の糸)を引っ張りながら縮める。
均等に縮めながらアイロンを掛けるとこのように綺麗に落ち着きます。
※カーブのきつい場合は多少ダブつきます。


1.5cmの幅で縫う。こうすると生地がねじれずにすそがあげられます。

スプリングホックの付け方


えりの後ろのファスナーの上にカギホックをつける。カギホックの穴に針を通します

利き手で糸を持ち、反対の手で針を固定する。

針に1周糸を引っかけて輪を作る。
糸を引っ張って輪を締める。


糸を親指で押さえて針を引き抜く。
これを繰り返してください。
こうすると一針一針が強くなりますし、一か所糸が切れてもすべての糸がが抜けたりしなくなりますよ。

縫う数は決まりはありません。
だいたい1つの穴に付き4~8針程度で充分です。

太い糸より細い糸の方が強度が弱いので多めに縫う
仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。
仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。

この型紙で作りました

 パネルラインのワンピースの型紙

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

 フラットカラー M・Lサイズ フラットカラーの縫い方

シャツカラー1 Mサイズ Lサイズ シャツカラーの縫い方

シャツカラー2 Mサイズ Lサイズ シャツカラーの縫い方

パフスリーブ Sサイズ Mサイズ Lサイズ パフスリーブの縫い方

ジゴスリーブ Sサイズ Mサイズ Lサイズ ジゴスリーブの縫い方

 長そで Sサイズ Mサイズ Lサイズ

半そで Sサイズ Mサイズ Lサイズ

ビショップスリーブ Sサイズ Mサイズ Lサイズ ビショップスリーブの縫い方

類似型紙

チャイナワンピースの型紙

胸切替のキャミソールの型紙

プリンセスラインのワンピース後ファスナータイプの型紙

ウエスト切り替えのギャザーワンピースの型紙

前ボタンのプリンセスラインのワンピースの型紙

ウエスト切り替えのワンピースの型紙