後フリルワンピースの作り方

印刷用縫い方ダウンロード

【おさいほう】部分縫いをデザインから探す
洋服の部分縫いや改造をイラストから探す

縫い方



 カーブの所はロックミシンの巻きロックがないと綺麗にほつれ止めしにくいので、ロックミシンをお持ち無い方は、ほつれ止め液のピケ を裁断する前にカーブの所に塗って、乾いてから切るとほつれず綺麗に仕上がりますよ。

特に薄い生地はそのままジグザグをするとシワが入ったりしやすいので、ほつれ止め液を塗ると乾いたときに張りが出るのでその上をジグザグをかけると綺麗に縫いやすくなります


ジグザグをするときは縫い目の長さを0.4
ふり幅は3~4(ない場合は一番狭いものを)選んでください。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ほつれ止めの仕方

画像の色の説明

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

身頃(胴体)を縫う

../../sakuhin/1/kiso/waru1.jpg

前中心と前脇、後中心と後ろ脇を表同士が内側になるように重ねて1㎝幅で縫ってください。

縫い代はアイロンで左右に折ってください。



中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

スカートのウエストにギャザーを寄せる

スカート部分に2本ギャザーを寄せてください。

ギャザーの寄せ方動画

後中心を縫う

後スカートのファスナーを付ける位置から下を1.5㎝幅で縫ってください。

ピンクの印の所を「あきどまり」といいます。

ここも縫い代は左右に折ってください。

後ウエストを縫う

表を上にしたスカートに後上半身(後ろ身頃)を裏を上にして重ねてください。

縫い代は上半身へ折ってください。

後ウエストの縫い代を固定する


後上半身(後見頃)を起こしてください。

縫い代を上半身側に折って、表側の縫い目から5mm離れた所を縫って縫い代を固定してください。

ファスナーをつける

後中心にファスナーをつけます。
後中心を1.5㎝幅で縫ってください。
あとで解くのでこの縫い目は大きな縫い目で縫ってください。
目立つ色の糸で縫うとほどきやすいです。
コンシールファスナーの縫い方

普通のファスナーにしたい場合はこちら


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。

前ウエストを縫う

前上半身(見頃)を前スカートに合わせて縫ってください。


前ウエストの縫い代を固定する


上半身(見頃)を起こして縫い代を押さえるために表側の縫い目から5mm離れた所を縫ってください。

縫い代は上半身に向けて折ってください。

肩と脇を縫う

前後を表同士が内側になるように重ねてください。

肩と脇を1㎝幅で縫ってください。

見返しの肩を縫う

前後の見返しを表側が中になるように重ね肩のところを1㎝幅で縫ってください。

見返しを身頃につける


えりの上に見返しを重ねてください。
身頃、見返しを重ねた状態で1㎝幅で縫って下さい。

ファスナーあきの上の見返しの縫い方



後見返しはファスナーの5mm手前で折り返してください。

えりの角の縫い代に必ず切り込みをいれてください。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。



見返しを上に向かって折ってください。
ファスナーを裏に折ってください。


見返しを裏へかぶせてください。

アイロンをかけて形を固定してください。



えりの端から5mmの所を縫って見返しを固定してください。

裏返して見返しを手縫いでまつり縫いをしてください。

そでのカフスを縫う


カフスの縫い代をアイロンで1cm裏側に折ってください。

半分に折ってください

えりにギャザーを入れる

そで山の中心に印を付けてください。
(これは位置合わせに必要です)

そで山とそで口の縫い代に2本ギャザーを寄せてください(赤い部分)

カフスとファスナーの横(袖底)を縫う

そで底を縫ってください。
カフスも脇を縫ってください。

袖とカフスを縫う

そで口のギャザーを縮めてカフスと同じ長さになるように調整してください。
引っ張るのは下糸を引っ張ってください。
上糸を引っ張ると糸がしまってギャザーを寄せにくくなります。

表替えした袖に、裏返したカフスを重ね、赤い部分を縫ってください。


カフスをアイロンでつけた折り目どおりに折り返してください。

そで口とカフスの境目から5mmの所をミシンで縫ってください。

慣れていない場合はしつけ糸で境目から2~3mmの所を手縫いしてから、ミシンをかけるといいよ。

お好みで袖口にレースやフリルをつけて下さい。

袖と身頃を縫う

見頃(胴部分)は裏返してそでは表側にひっくり返してください。

見頃の中にそでを入れてください。

肩と、脇を最初にあわせてまち針でとめてください。。

縫う場所より2~3ミリ横を仕付け糸を使い縫っておくと、ミシンで縫う時に針を折る心配がなくていいよ!

しつけ縫いをしたらミシンで縫ってください。

ファスナーの一番上にスプリングホックをつける

えりの後ろのファスナーの上にホックを付てください。

ホックの穴に針を通してください。


利き手で糸を持ち、反対の手で針を固定してください。

針に1周糸を引っかけて輪を作ってください。
糸を引っ張って輪を締めてください。


糸を親指で押さえて針を引き抜いてください。
これを繰り返してください。

こうすると一針一針が強くなりますし、一か所糸が切れてもすべての糸がが抜けたりしなくなりますよ。

縫う数は決まりはありません。
だいたい1つの穴に付き4~8針程度で充分です。

太い糸より細い糸の方が強度が弱いので多めに縫ってください。


仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。
仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。

この型紙で作りました

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます ※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

半円のギャザーのないスカート(後のフリルもありません) Mサイズ Lサイズ

前フリルにするための型紙

Mサイズ 前スカート 後スカート Lサイズ 前スカート 後スカート

2Lサイズ 前スカート 後スカート

長袖の型紙 Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ そでの縫い方

半そでの型紙 Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ そでの縫い方

半そでパフスリーブ 2Lサイズ パフスリーブの縫い方
他のサイズは本体に同梱されています

ジゴスリーブの型紙  Mサイズ Lサイズ 2Lサイズ ジゴスリーブの縫い方
※長袖と組合せ使ってください

いるもの

□ 表生地
□ コンシールファスナー 50cm以上のもの1本
□ 接着芯 30cm~(改造パーツの形による)
□ スプリングホック 小さめのもの一組
□ ほつれ止液

オススメの生地

株式会社カトウのポリエステルツイル

化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
張りがあります、パニエを下にはいて広げたい場合に向いていますが、張りがある分柔らかくドレープを出したい場合には向きません。
初心者にも扱いやすい生地です。

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

関連型紙

チャイナワンピースの型紙 胸切替のキャミソールの型紙

プリンセスラインのワンピース後ファスナータイプの型紙 ウエスト切り替えのギャザーワンピースの型紙

前ボタンのプリンセスラインのワンピースの型紙 ウエスト切り替えのワンピースの型紙
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー