コスプレ用ドクターズコート(白衣)のつくり方

印刷用説明書ダウンロード

襟(えり)と見返しの関係



ジャケットのえりと見返しの関係が分からないらしいので色分けしてみました。

テーラードジャケットの特徴的なえりは折り返して作られているので、実は青色の部分は見返しなのです。

えりや折り返しの部分だけ変えたい場合はえりと見返しの部分だけ色を変えればいいんですよ

シンプルなボックス(四角い)コートなのでこのみのウエストの位置で脇を細めたり、ダーツを作るとウエストを細く出来ます

裏に芯を貼る


型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

ほつれどめ

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備

表側  裏側

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ほつれ止めの仕方

ポケットを縫う

ポケットの上側の縫い代を折って1.5cmのところを縫ってください


手縫いで端から5mmくらいのところを縫ってください。


厚紙(お菓子の箱とかでも何でも良いです)をポケットの出来上がりの大きさに切ってください。
ポケットの裏に厚紙を重ね、手縫いした糸を引っ張りながら縫い代を裏へ折ります。
手縫いした糸を引っ張ると、カーブのところがきれいに均等に縮まるのでラインがきれいに仕上がるよ。
アイロンで折り目をしっかりつけてください。
腰のポケットは片方は脇の中に入るので折らなくていいです。


前身頃の上にポケットを重ねてください。
縫い代を裏へ折った状態で端から5mmのところを縫ってください。

後中心を縫う

後中心を縫ってください

縫い代はアイロンで片方に折ってください。

ヨークを縫う

 

ヨークという部品の下の縫い代を裏側に1cm折ってください。

はしから0.5~0.7cmのところを縫ってください


後身頃の裏側に表が見えるようにヨークを重ねてください。
赤い部分を縫って固定してください。
(肩の補強です。なくても作れます)

肩と脇を縫う

後ろと前の身頃を表同士が内側になるように重ねてください。

肩と脇を縫ってください。

縫い代は後ろ身頃側へ折ってください。

見返しを縫う

 

前の見返し部分を裏が見える様に折って下さい。
えりは端からFNP(前中心)まで縫ってください。



すそも縫って下さい。
えりくびの先とすその角を切り落としてください。
これで角をひっくり返したときにきれいにひっくり返しやすくなります。


縫い目を切らないようにFNP(前中心)に切り込みを入れます。

 

見返しを裏側に折って下さい。
FNPから、中心、すそを縫って下さい。
すそは3cm折って2.5cmのところを縫って下さい。
ほかは端から0.5cmのところを縫って下さい。

次 襟(えり)をぬう

FNPから1cmえりをはみ出すように、えりと身頃の表が内側になるように重ねてください。

身頃とえりの印(FNP、BNP,SNP)をあわせてください。
FNP = Front neck point = 前の首の印
SNP = Side neck point  = 横の首の印
BNP = Back neck point = 後ろの首の印
という意味です。
えりの端から1cmあけてえりと身頃の首を縫って下さい


もう一枚のえりの首側の縫い代を裏に折って下さい。


えりを起こしてください。


えり同士が表が内側になるように重ねて1cm幅で縫って下さい。


角から0.2cm離れたところを切り落としてください。
あまり近くを切るとほつれてきます


縫い代を折りたたんで表側にひっくり返してください


えりの角や前見返しのすそ等表側に返したとききれいに角が出ない場合 中で縫い代がグチャグチャになっている場合が多いので、指を中に入れて、縫い代を角と反対側に軽く引っ張ってあげると中の縫い代が整って、角が出しやすくなります


身頃の首の縫い代とえりの縫い代を、えりの中に入れてください。
端から0.5cmのところを縫ってください。


えりと身頃の首の境目を手縫いで縫って下さい。

ボタンホールを開けてボタンをつける

ボタンホールを開けてください。
この時点でボタンホールを開けると、そでが無い分縫いやすいですよ。

ボタンの付け方はミシンによって異なりますのでミシンの説明書をご覧ください。

ジグザグ縫いで作るボタンホールの縫い方とボタンつけはこちら

そでを縫う


この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。

ギャザーの縫い方

基本的なそでの縫い方


そして裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せます。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)


糸調整を元に戻してください。
2枚のそでを表側が中になるように重ね(中表という)両脇を縫います。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。


アイロンで縫い代を折り縫ってください。

縫い代より5mm短い幅の所を縫ってください。


 

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。
裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。



脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください


手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。
全部を手縫いで作る場合はここは省略してください


端から1cmの所を縫ってください。
縫い終わったら仕付け糸ははずしてください
そでは表側が見えるようにひっくり返してください。
裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。
脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

この型紙で作りました

ドクターズコート(白衣)の型紙

いるもの

□ 表生地
□ 裏地
□ 接着芯 110cm~(布の幅による)
□ ボタン 1.8cm前後 (4個~数はお好みで)
□ 生地の色にあった糸

オススメの生地

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

TCブロード
薄手の綿とポリエステルの生地。
Yシャツの生地ぐらいのものです

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

えりを改造したい場合

テーラードカラーの形の改造方法

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー