シンプルなざっくりした前あきロングコートのつくり方

シンプルロングコートの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

画像の色の説明

ダーツを縫う


お好みで後のダーツ(立体にするためのつまみ)を縫う。
ダーツの上下の角を基準に縦に折りくの字に縫う。
するとウエストが細くなりますダーツの縫い方

後中心を縫う


後中心を表同士を内側にして1cm幅で縫う。

まっすぐ縫う方法

肩と脇を縫う

肩と脇を1cm幅で縫う。

襟と身頃を縫う

表側を上にした身頃の上に裏側を上にしたえりを重ねる。
1cm幅で縫う。


縫い目を切らないように襟首のカーブに8mmほど切り込みを入れてください

えりを起こす。

縫い代を上下に折って広げる。

裏地を縫う

裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさに設定する。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1㎝幅で縫う。
5mmの差が調節用の余裕になります。



5mmほど縫い代より内側をアイロンで折る。
アイロンの温度は中~低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

ゆるみ分の折り目を広げないように作業を続ける。
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。

この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変に調整する。

見返しを縫う

前身頃裏地と見返しを表側同士が内側になるように重ねる。
1cm幅で縫う

裏地を縫う


裏地も後中心と肩と脇とえりを1cm幅で縫う。


裏地の表と、表地の表同士を合わせて1cm幅で縫う。
そでの所から表に返してください。

端を固定する


ひっくりかえしたらアイロンで形を整える。
前中心~えりとすそ、そでのところを裏と表地がずれないように端からmmのところを縫う

そでを縫う

そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。ギャザーの縫い方



またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

動画は裏地のないタイプのそでですが、そでを胴体に縫い付けたりするところのイメージがつかみやすいと思います



表側同士が内側になるように折る。
1cm幅で縫う。

表そでを表に返してください。
表そでに、裏を上にした裏地をかかぶせる。
そで口を縫う。
裏地を中に入れる。
そで口を1cm幅で縫う。



そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめる。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺す。

そでを身頃につける



慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫う。


ミシンで1cmの幅で縫う。 ミシンで縫ったらしつけ糸は抜く。
縫い代はそで側に折る。


裏地のそで山を表地のそでの縫い代を覆うように待ち針で身頃のそでのカーブにとめる。
手縫で表に目立たないように裏地をぬいつけてください。
裏に隠れる部分なのでしわはあまり気にしなくていいです。
それより縫い代を余分に取りすぎて、引きつらないように注意してください。

この型紙で作りました

前あきロングコートの型紙

改造用の型紙

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます
リンクが貼られていないものは準備中です

ナポレオンカラー 紳士 Mサイズ Lサイズ

ナポレオンカラー婦人用は高さ7cmです Mサイズ Lサイズ

裏地   婦人Mサイズ   婦人Lサイズ

スタンドカラー 婦人 Mサイズ Lサイズ

いるもの

□ 表生地
□ 裏地
□ 接着芯 10cm~(改造パーツの形による)
□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

株式会社カトウのポリエステルツイル

化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
張りがあります、パニエを下にはいて広げたい場合に向いていますが、張りがある分柔らかくドレープを出したい場合には向きません。
初心者にも扱いやすい生地です。

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね