【おさいほう】 パゴダスリーブ(姫そで)の型紙のつくり方

袖口に向かって広がった生地をたっぷり使った袖です。

ピンクが元の線そで

※縫い代は省略しています。
改造する場所の縫い代は外し、改造してから再度縫い代を付け直してください。


メジャーなどをあてて自分の好みの袖口の大きさを決める=★

一番簡単な方法

そでの両端に紙を足してください。
作りたいそで口(★)-B(元のそで口)÷2=A
両端A分広げる。


型紙を体に当てて好みのカーブになるように線を引いてください。

もう一つの方法

元のそで口の長さを測る。


型紙を腕に当てて広げる位置をざっくりと書いてください。
体から外し線を清書する。
上下に切る。


縦にいくつか等分してください。
少ないとあとで修正しにくいし、多いと作業が大変なので4~6くらいに割るといいと思います。


上で決めた作りたいそでの長さ(★)-元のそで口の長さ(B)÷分割した線の数=C
上側を基点にccm分広げる。



縫い代がないところに縫い代をつける。


縫い方

【おさいほう】パゴダスリーブ(姫そで)の縫い方
改造パーツの型紙には線がいっぱいありますが、こんな感じにそで丈に応じて微妙に長さが違...