【おさいほう】テーラードカラーのベストの縫い方。

裏側の生地と書いてありますがリバーシブルなので 裏側の生地は表と同じ生地かお好みで違う色や柄の生地を使用してください。

型紙を見る

型紙について

首の所まである後身頃と肩幅の広い線の前身頃が普通の背中のベストになります

細い肩の線の前身頃と見返しと、腰辺りだけの後身頃の型紙が背中あきのベストになります

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  

布はしのほつれどめ

えりの柄の見え方

ストライプや柄、毛並みのある生地をイメージどおりに出したいとき。

どの向きに型紙を置いて取るかで見え方が違ってきます。

線が横方向になるように切ると着たときは縦に線が出ます。
縦に線が見えるように切ると、着たときは横に線が出ます。
おおよそ90度の角度で出るように現れます
(形によって微妙に変わります)

後のベルトを作る

 

縫い代を裏側に1cm折る。


半分に折ってアイロンで折り目をつける。



表に出る片方の先の縫い代の端1cmを縫う。
反対側はダーツの中に隠れるので縫わなくてよいです。

表がえして下を縫って閉じてください。
左右必要なので2本作る。

まっすぐ縫う方法

移動カンをつける

こういう形の金具を用意してください。
縦横の比率は色々あるので内側の大きさがベルトの幅と同じか大きいものを選んでください

下から中央の金具の上だけを通るようにベルトを通してください。
※画像は金具が見えやすいように大きいものを使用しています。


裏返して端を縫って固定する。


ベルトの端をダーツの中央の1~2mm手前の所に合わせる
ベルトの端から2mmくらいの所を縫う。
(ダーツの中央から1~2mm離すのはベルトの厚み分があるからです)

ダーツ(立体にするためのつまみ)を縫う

ダーツ(立体にするためのつまみ)を縫う。
内側が表になるように(中表)ダーツを半分に折って縫う。

後中心を縫う

後中心を縫う。


縫い代はアイロンで左右に折る。

肩を縫う

肩を縫う。

縫い代はアイロンで左右に折る。

裏側の生地を縫う

ここまで同じように裏側の生地も縫う。

襟を縫う

えりをつける。

テーラードカラーの縫い方動画その1

その2 1:24位までを参考にしてください

型紙のえり首の印を線からはみ出ないよう9mmほど切れ目を入れる。
えりの印と、身頃(胴体)の切り込みの位置があうように、真上からまっすぐ針を刺して固定する。



  縫い始めは手動で、丁度付けた印の交点に針が落ちるようにミシン針をおろして縫い始める。

縫い終わりも縫いすぎないよう注意して、スピードを落とすか、手動でぴったり交点まで縫います。

この印の交わった点が交点。
ここから縫い目がはみ出すとえりの形がいびつになるので、ゆっくりでもいいので位置を合わせておく。

縫いなれていない人は、ミシンで縫う出来上がり線より2~3mm離れた所(青い線)を手縫いで縫っておくと、待ち針を外せるので縫いやすくなる。


 
そのまま続けてえりぐりを縫うと、引きつってしまうので、裏返して、前身頃の角に縫い目を切らないよう気持ち1ミリ残す感じで切込みを入れます。
(えりの縫い代は切らなくてよいです)

出来るだけずれたりしないように角がきちっと合うように縫う。
重なったりずれたりすると表から見たとき引きつったように見えます。

また、余分な生地を縫いこんだりしないように、2番の図のように生地をたたんで、出来るだけまっすぐな状態にして縫うと綺麗に縫えます。


カーブの所は引きつったり重なりが出てきごこちが悪くなりやすいので、ぬいしろに浅く切込みをいれる。



アイロンで縫い代を左右に折る。
←お裁縫の用語で割るといいます

裏側の生地にも同様にえりをつける。


裏側の生地にえりをつけたら内側同士が表(中表)になるようにに身頃とと裏側の生地を重ねる。

ゆるみを入れる

テーラードカラーは折り曲げて内側のえりと見返しが表側に出る。
生地を折り曲げたときに生地の厚みで裏と表にずれが生じる。
そのズレを考慮せず作ると引きつる原因になります。


たとえると本を閉じた状態だと端はまっすぐです


でもこうやって広げると端がずれて斜めになります。


そのために実際に折ってズレを作った状態で縫う必要があるのです。



例えばシャツカラーだとこのゆるみがないと右側のえりの先のように、不足分が引っ張られて浮き上がります。

まず裏と表の襟を重ねて縫い目のところを待ち針で固定する。


内側の生地を下側になるように置いて、えりを折って待ち針でとめる。
このときそのまま刺すと下の生地まで刺してしまうので、折ったところに厚紙などを挟むと刺しやすくなる。
1中心 2左右の印の所 3中心と左右の印の間の順に待ち針を刺す。


えりの角は斜めに表生地に向って折ってから待ち針を刺す。



前中心も表側に向けて折ってから待ち針を刺す

えりの縫い代を縫い込まないように身頃側へよけてください

ミシンに慣れていない人はミシンで縫うと角を縫うのに失敗してシワになる方が多いようなので角の1cmは手縫いで2~3mmの縫い目で縫っておくと綺麗に作れます。
縫いなれてるから大丈夫という方はここを飛ばして角から反対側の角まで一気に縫う。


衿の上をミシンで縫う。

これも印をしっかりあわせて縫う。


 
縫い代をえり側によける。
そして、最初に衿を縫った線と、合体するように手縫いで1cm縫う。
ミシンでピッタリ縫える方はここを飛ばしてください

前中心を縫う。


ミシンでピッタリギリギリまで縫えるよ~という方は飛ばして角から前中心をつなげて縫う。
表替えした時、角が引きつりますので、図の角の所を縫い糸を切らない程度切込みを入れる。

表がえす時に先が厚くならないように、縫い目から2mm離れた角を切る。

表にひっくり返す

後身頃から手を入れて、前身頃を引っぱり出してください。

脇を縫う

脇を広げる。


前身頃と後身頃の脇を内側同士が表になるように重ねる。
裏側の生地のすそから表側のすそまでを1㎝幅で縫う。
このとき表側と裏側の生地の袖のカーブの縫い代がずれないようにあわせてください


すそを1㎝幅で縫う。
表側にひっくり返すために後中心を10cmほど開けてください。
ひっくり返したら縫い代を中に入れてアイロンをかけて形を整えてください。



端から5mmの所をミシンで縫う。
(表から見える所を縫う事をステッチをかけると言います。)

 ボタンホールを開けてボタンをつける

ボタンホールの作り方はミシンによって異なりますのでミシンの説明書をご覧ください。

ジグザグ縫いで作るボタンホールの縫い方はこちら

ボタンが見えないデザインにしたい場合はスナップボタンを使うとよいです


男物風、女物の前の仕立てはボタンとボタンホールの位置が逆なだけです。
自身が作りたいデザインと同じほうにボタンホールを開けて、ボタンをつける

ウエストの太さを変えたい場合

ダーツを大きくして、脇のウエストを内側に狭くするとウエストが細くなります


ダーツを小さくし、脇のウエストを外に出すとウエストが太くなります


洋服は左右ありますので上の図の場合12箇所増減することになりますので、増減したい分量÷12が=●です

えりを改造したい場合

テーラードカラーの形の改造方法


テーラードカラーのベストの型紙

すそを燕尾服風に改造する方法
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。