【おさいほう】後開きのフラットカラーの縫い方

後中心にファスナーやボタンが付いている服は襟の後も左右に分かれないと着替えられません。



そこでえりも後の中心で二つに分けると、ファスナーが上まで開き、着替えが楽になる訳です。

洋裁工房の型紙は、えり首とえりの位置合わせの印が型紙に書かれています。

BNP=バックネックポイント(後首の点)
SNP=サイドネックポイント(横の首の点)
FNP=フロントネックポイント(前の首の点)

形に混乱したら実際に型紙を体に当てて鏡で見ると、簡単に解決したりします。

切る

左のえり        右のえり

片方のえりを作るのに裏表1枚づつ必要ですから左右で合計4枚用意します。
表になるえりの裏側に先に接着芯を貼ってから切ると型崩れしにくくなります。
4枚全部芯を貼るとかたくなりすぎるので左右1枚ずつだけ裏側に接着芯を貼ってください。
薄くてヘロヘロの生地は4枚全部貼ってください。

布に接着芯を貼る

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。
接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

印をつける

接着芯を貼っていない方のえりの裏に隠れる方のえりにしつけ糸で印を付けてください。

隠れる方か否か区別をするだけなので、完成時に抜きとるので、玉止めなどはしなくてよいです。


2枚のえりを内側が表になるように重ねてください。

折り返しのゆるみを入れる

実際に人間が服を着たとき、えりは首周りにそってカーブしています。


外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなりますよね。

布を2枚重ねると、体のカーブに添わせると、内側の生地より外側の方が多く長さが必要になります。

よって、その不足分を補うために2~3mm表になるほう(外側の生地)を内側に入れ込んで、長さを調節しているのです。

これをしないとえりが引きつってしまうので注意が必要です。

後中心から途中までは通常通り均等にピンを打ってください。

 

えり先にゆるみを入れるために斜めに、印を付けた側へ折ってください。


下の布まで針が刺さらないように間に紙を入れると作業がしやすいです。
折ったまま針を刺してください。
このとき1cmの縫い代なら1cmの所を1~2mmちょっとだけ刺すのがポイントです

縫う

しわが入らないように気を付けて外側を縫ってください。


表側に返して端から5mmの所を縫ってください。


えりの外側の辺を印のある方へ折ってください。

すると折った時に布の厚み分ズレが生まれます。
ずれた状態で待ち針を刺してください。


折った時のずれをそのまま残して端から5mmの所を縫ってください。


断面図

こうすると図のように見える側のえり(印がないほう)が膨らみますが、実際えりにつけた時に、えりを折り返した時の布の厚みで相殺されて、えりがすっきりします。


表に見える側(印がないほう)のえりを上にしてえりに重ねてください。

後中心は縫い代分開けてください。


見返しの肩を縫ってください。

えりの上に見返しを重ねてください。
見返しの端は、ファスナーの5mm手前で折り返してください。
身頃、えり、見返しを重ねた状態で縫い代を縫ってください。

えりの縫い代のカーブの所は切込みを忘れずに入れてください。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。


えりをおこしてください。

見返しを身頃(胴体)の内側にいれてください。

えりの縫い目から5mmのところを縫ってください。


手縫いで見返しの端を縫ってください。

折り山を浅く(繊維1~2本程度)すくって、1ミリ斜め先の布をすくいます。
折り山の内側をとおって裏になる方の5ミリ先から針を出し、また、1ミリ先の表を浅くすくう。コレの繰り返し。

えりの後ろにスプリングホックを付けると後のえりがひらかなくなります。

お好みであまった生地で持ち出し(重なり分)を作ってスナップボタンで閉じてもよいです。

えりの印の糸を外してください。

関連ページ

プリンセスラインのワンピース後ファスナータイプの型紙

【おさいほう】フラットカラーの型紙の作り方(製図)
肩にぴったりとそった襟の作り方です
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー