手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房

English TOPへ はじめに 洋裁初心者講座 洋裁用語

作り方・製図一覧

型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ズボン・スカートの作り方 > ウエストゴムのロングパンツ

ウエストゴムのロングパンツ

Translate
...etc

ジャージやパジャマ、コスプレなどにどうぞ。


メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ゴムパンツなのであきがありません。
よってお尻が入らないとはけませんので

横 =H(ヒップ)÷4+13センチ以上用意してください。

縦は自分の持っているズボンの長さ+6センチくらい。

(ちなみにこれは出来上がりの股上が27センチになります。
浅くはきたい場合は図の30のところをお好みで短くしてください。

※4枚取ります。
中表に2枚重ねて2枚いっぺんにとると楽ですよ。

   
表  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
ベルトと持ち出しの裏等に接着芯を付けてください。

くわしくは縫う前の下準備を参照

裾をおりかえしたまま、半分に折って軽く中心の折り目をつけておきます
(切りじつけで印をつけてもOK)
すその縫い代分をあらかじめ折っておく。
等分した真ん中のラインから左右に同じ長さ分ひろげ線を引きます。

 この大きさはお好みでどうぞ。
(持っているズボンの裾をはかって、
 裾の長さ÷2+2センチ(縫い代)でもいいですし、
 すぼめずそのままにすればドカン(昔でいうボンタン?)のようになります
 すぼめず、裾にゴムを入れると犬夜叉とかアクビちゃんがはいているようなズボンになります)

上記の赤い線を切るときはすその縫い代を折った状態で切る。

ズボンのすそはすそに向かって斜めになる場合があるので、そのまま縫い代を折らずに切ると、縫い代の先が織り上げたところより細くなってしまい、結果引きつってしまうことがあるのです。
  縫い方
前身頃と、後身頃を表が内側になるように重ね、脇を縫う。

(右と、左あわせて二組作ります)

脇の縫い代は後ろ側に倒し、アイロンで折り目をしっかり付けておく。

左右の身頃を表同士が内側になるように重ねる。


 赤線の所を縫う。

 繋がった股の下同士を合わせる
上の図のピンクの線同士と黄緑の線同士を表同士が内側になるように重ねる。

股の下を縫う。

 表に返す。
上から0.2cmの所を縫ったのち、1.5pおきにゴム入れを縫っていきます。(2本)
ゴムを入れるための口を2cmほどあけておいてください。あとは裾を1.5cmの所を縫ってウエストにゴムを入れる。
すその縫い代2cmをアイロンで折って縫う。

どんな生地を買ったらいいのか分からない方へ

ポリエステルツイル
とりあえず安くて縫いやすいものをという方にはこちらをおすすめします。
中厚地の生地なので縫いやすいです。
市販の綿パンツは大体この生地を使っていることが多いです。

カラーデニムカツラギ
厚地の綿生地です。
丈夫でカッチリと重厚な仕上がりになります。
カーゴパンツとかがっちりさせたい場合はこちらを買うと間違いないと思います。

綿ツイル
色数、柄が多いです。
上記のカラーデニムやカツラギよりやわらかい仕上がりになります。

写真のように少しピンと張る程度(引っ張りすぎてはいけません)に持って縫うと待ち針が要りません。
 ただし途中でたるませたりしてはいけません。
 一度持ったら持ったとこまで縫い、止める。
 そして、持ちなおして続きを縫うと綺麗に縫えます。

細身のゴムパンツの型紙

関連型紙
美脚パンツの型紙

レディース用  セミストレートパンツ

おとなのショートパンツ型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画
関連ページ

テロテロした生地の裁断方法

接着芯がくっついた

★★★★★★★★★★★★★★



洋裁動画
関連動画

コンシールファスナーの付け方

ほつれどめの仕方

そでのつけ方

シャツカラーの縫い方

小さい子供さんのいるお母さんにオススメ
梅雨時期に子供さんのズボンの洗濯が追いつかないとき、
この方法で作った方が乾くより早く着せられたと喜ばれました。

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング>ゴムパンツ

布屋さんリンク

USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画更新履歴
サイトマップフレーム版にする洋裁作り方動画オススメ洋裁の本洋裁質問掲示板
ミシンについて無料の型紙お問い合わせ作品リスト