超カンタンウエストゴムのキュロットスカートの作り方


縫い代込みです。
前後のないウエストゴムのゴムパンツを作る方法です。
サンプル画像の上着はカンタン夏用スモックと組み合わせています
【おさいほう】夏用おしゃれスモックの作り方
布を直接切って作る簡単なノースリーブのスモックです

手前が裾をすぼめていないゴムパンツ、左奥が裾をすぼめたもの、右奥がキュロットスカートです。

自動計算

布の切り方

2枚用意します。

数字はセンチです。

まず、絵の様に四角に布を切ります。

横 A  大人 ヒップ÷2+45cm
縦 B  作りたいズボンの丈+6cm

【おさいほう】子供用キュロットスカートの作り方
型紙がなくても直接布を切って作れる子供用のキュロットスカートの作り方です。
【おさいほう】簡単に出来る子供用ゴムパンツの作り方
型紙がなくても直接布を切ってつくれるゴムパンツです

上下の縫いしろを折る


上側を4cm、下側を2cmアイロンで裏側に折る。

布を均等に折る方法


↑省いていますが2枚重なっています。

←カーブの線の引き方の目安

またの上を切るときは折り目は広げて切る。

内側が表同士になるように2枚重ねたまま二折りしてください。

折り山ではない方をを図の様に切る。

ズボンの股の上と下の縫いかた

ほつれどめ

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ
表  

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布の縫い合わせ方

またの上


表が内側同士になるように重ねる。

赤線の所を1㎝幅で縫う

またの下


またの下の部分を1枚上に折る。


上の図で片方折ったまま縦に半分に折る。

反対側の端とあわせてください。


端をまっすぐに1cmの幅で縫う

ウエストゴム

アイロンでつけた折り目で折る。
ベルト部分を縫う。

ゴムを入れてください。

ウエストゴムのところの縫いかた

ウエストゴムの入れ方


写真のように少しピンと張る程度(引っ張りすぎてはいけません)に持って縫うと待ち針が要りません。
ただし途中でたるませたりしてはいけません。
一度持ったら持ったとこまで縫い、止める。
そして、持ちなおして続きを縫うと綺麗に縫えます。

すそ


すその縫い代2cmを内側へ折って1.5㎝幅で縫う。

出来上がりです。


子供サイズはこちら

実際に小学生でも作れます

 

どんな生地を買ったらいいのか分からない方へ

T/Cブロード

夏用のキュロットのようなズボンが作れます。

綿とポリエステル混紡素材で、普通のブロードに比べ少々高いのですが、しわになりにくく縫いやすい生地なので、毎日のお洗濯のあとのお手入れがラクなんです。
普段着使いにしたいのなら、まずTCブロードが一番だと思います!
針11~14番 糸60番


ポリエステルツイル

とりあえず安くて縫いやすいものをという方にはこちらをおすすめします。
中厚地の生地なので縫いやすいです。
市販の綿パンツは大体この生地を使っていることが多いです。


綿ツイル

色数、柄が多いです。
上記のカラーデニムやカツラギよりやわらかい仕上がりになります。


生地の量は丈×2+30センチ(縫い代とゆがみなどを考えて)あれば作れます。

ただし、このポリエステルツイルは幅が150センチほどありますので、この生地や、ほかの幅広の生地にに限ってならば

ヒップ+60センチが150センチ以内であれば、出来上がりの丈+30センチくらいで作れると思います

関連型紙

美脚パンツの型紙

細身のゴムパンツの型紙

洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。

大歓迎です。
同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪