手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ツナギ・レオタード > レオタードの作り方
Translate

レオタードの作り方

必要な材料

2WAY(左右に伸びる)生地

※白や薄い色合いの生地は下が透けやすいので、下にもう一枚下地を着る必要があります。

タイツを作る時は伸びる糸を使用して縫ってください。

普通の糸で縫うと、生地を伸ばして着るときに糸が切れてしまいますので必ず←左のような伸びる糸をご使用ください。

レオタードの型紙


印刷用説明書ダウンロード



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


印刷済みの型紙は股に赤と緑の2本の線が引いてあります。緑の線+見返しのパーツで、トイレがしやすい股スナップ付きレオタードが作れます。

赤の線で作ると水着のように股の開かないレオタードが作れます。


首の線は内と外を選ぶかによって、えりくびの深さ帰ることが出来ます。

よく伸びるニットの縫い方

普通の縫い方だと糸が切れるので ニット用のレジロン糸を購入してください

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫ってください

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

お試しください

後身頃を表が内側になるように重ね、後中心を縫って下さい。

(お尻が大きめ、もしくは生地の伸びが悪い場合は、後中心からえりくびから下にコンシールファスナーをつけると着替えがより楽になります)
ちなみに写真の服は株式会社カトウさんの2WAYスパンデックスという生地を使用しました。
通常MLサイズを着ている人間がそのままスクール水着を着替える感覚で脱ぎ着が出来ていました。

レオタード生地はほつれにくいのでほつれ止めしなくてもいいですが、どうしてもほつれ止めをしたい方は2枚一緒にほつれ止めしてください。

コンシールファスナーの縫い方
←ジグザグ縫い
ニットのほつれどめの仕方。
*ニットは縫った後にほつれ止めをしていきます

点線のジグザグ縫いを選んでね。

←大概のミシンにはこのような点線で描かれたジグザグ縫いの模様があると思うので、これを選択します

(3点ジグザグといいます)

※2WAYはほつれにくいので、どうしてもうまく縫いにくい場合はしなくてもOK

ニットの縫い方 ニットは縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、伸びたりします。

そこで細かい番手の紙やすりを帯状に切って、布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。

紙やすりが安定感がありますが、急ぎで紙やすりがない!というときはコピー用紙を切って挟んで縫うだけでも伸びが抑えられます。

※一緒に紙やすりを縫わないように注意。
前身頃と後身頃を表が内側になるように重ね、肩と脇と股の下を縫って下さい。
ぬいしろを1cm内側に折り、まち針を刺してください。
上で説明した3点ジグザグを利用して縫い代を固定してください

図のように、縫い代の端をまたがるように縫ってください。

前がこのようなタイプを作る場合
後身頃を表が内側になるように重ね、後中心を縫って下さい。

胸の大きい方、着替えを容易にしたい、生地の伸縮が少ない生地の場合。

右の図のようにコンシールファスナーを付けるため。下側だけを縫ってください。
ファスナー付けの印の所まで縫って下さい。

赤枠内はファスナーを付ける場合です。付けない場合は赤枠内は飛ばしてください。

この部分はあとでほどくので、ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

あきどまりの印をつけたところからファスナーをつける部分の縫い代を縫ってください。

これを縫わないと縫いずれて左の図のようになってしまうので注意。

縫ったら、縫い目の長さを2〜3mmに戻し、アイロンで縫い代を左右に広げてください。

左右に縫い代を折ることをお裁縫の用語で割るといいます

    あれば熱接着の両面テープをファスナーの表面に貼ってください。
裏を上にして生地を置いてください。
熱接着の両面テープのはくり紙をはがしてください。
縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置く。
アイロンで固定してください。
熱接着の両面テープが無い場合

なければ手縫いで2cmくらいの大きい縫い目でしつけ糸でファスナーと、縫い代だけを開きどまりの所まで大雑把に縫ってください。

糸きりハサミやリッパーで2番目に縫ったファスナーをつける部分の糸をほどいてください。
 
 ミシンの押さえをコンシールファスナー押さえに替えてください。
このコンシールファスナー押さえは一般的な家庭用ミシンであれば数百円で購入ができます。

最近は付属のものもあります。

お洋服を作る人は1つ持っておくと便利ですよ。

左側は軸から替えるタイプ、右は後のボタン押して押さえを交換するタイプ用

コンシールファスナー押さえはこのように裏側に溝が入っています。

この溝にファスナーのムシ(レール部分)を入れて縫うと、ファスナーのムシのそばギリギリを縫うことができます
そして開きどまりまで縫ってください。

これでファスナー付け完成です

前身頃と後身頃を表が内側になるように重ね、肩と脇を縫って下さい。
見返しの後身頃を表が内側になるように重ね、後中心を縫って下さい。

縫い代を左右に折ってアイロンをかけてください。

前見返しと後見返しを表が内側になるように重ね、脇を縫って下さい
身頃の下部分と見返しをを表が内側になるように重ね、またの下を縫って下さい。

カーブの縫い代に切込みを入れてください!!表側に返したときに引きつらなくなります。

見返しを裏に返して、端から5〜7mmくらいの所を縫ってください。

見返しの上側もミシンで縫うか、難しければゆるめに手縫いで縫ってください。

またのところにリングスナップをつけてください

上側に凹 下側に凸をもってくると着替えの時に凸の部分が体にあたらないので痛くないですよ

レオタードの型紙

必要な材料

表生地(縦横に伸びる生地)

ファスナーをつける場合はコンシールファスナー50cm以上のもの1本、

股の下をスナップにする場合はリングスナップ

ニット糸

★★★★★★★★★★★★★★

関連ページ

全身タイツを筋肉スーツに改造する方法

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

 

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト