前開きジャケットの型紙をテーラードにする

型紙を組み立てて、体に当てて、鏡を見ながらえりの形を直接書き込む。


線を清書する。
※縫い代は省略しています


紙を足す。


上記の青の線の所で折る。


折ったところを元に戻す。


方の先を通るように、折った線と平行に線を引く。


後身頃の首の長さをメジャーではかる。



平行に引いた線を後のえりの長さ分延長する。


後の襟の高さを決める。
もっているジャケットを参考にしてもいいです。
大体3~4cm位。


えりの高さ×2=B
後の襟の長さの所から直角にBcm線を描く。


Bの所からえりの先に向かって線をつなぐ。
肩の所に印をつける。


切り離す。

縫い代のないところに縫い代をつける。


えり

そのままだと首が窮屈なので少し広げる。
肩のしるしの所から5mmおき位に3本ほど切り込みを入れる


首に当てて鏡を見ながら好みの開き具合になるように広げる。
そのとき広げた長さを記録して、下に紙を敷き、固定する。
線をなだらかに修正する。


縫い代をつけて、もう一枚写す。


左右対称にする