セーラーカラーのジャケットの縫い方。

肩と脇を縫う


肩と脇を縫ってください。
すその縫い代をアイロンで折ってください。

ポケットを縫う


ポケットをつけたい場合は玉ぶちポケットを縫ってください。

玉ぶちポケットの縫い方

付けない場合は飛ばしてください。

襟に模様やラインを入れる


デザインによってはこのとき胸元の三角の部分とそでくちにラインや柄などを入れてください。
アイロン両面接着テープを使うとゆがみにくいです。
(あくまで仮止めとして使い、ミシンで縫いとめてください)

熱接着の両面テープの使い方

胸当てを縫う


2枚を表同士が内側になるように重ねてください。(さいほう用語で中表といいます)
1㎝幅で縫ってください。
スナップボタンをつけないほうは縫いません。


表替えして端から5mmの所を縫ってください。

衿(えり)を縫う

セーラーカラーの表同士が内側になるように重ねてください。
1cm幅で縫ってください。



このとき図のように「表に見えるほうのえり」を2~3mm内側にずらしてまち針をさし、しわが入らないように、注意してにしてぬってください。


上記のように表を少し中に入れ込む理由は

えりは実際に人間が服を着たとき、首周りのカーブと

肩のカーブにそっています。



外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。
なのでその分を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節しているのです。


たとえると本を閉じた状態だと端はまっすぐですよね

でもこうやって広げると端がずれて斜めになるでしょう?

衿は端を繋げているのでこのズレの分布を内側に入れて縫わないと引きつってしまうので注意が必要です。


表側に返して、端から0.5cmくらいの所にを縫ってください。

あまり布のギリギリを縫いすぎると、ミシンの針穴にえりの先が食い込むので注意!!


表側にした身頃にえりを表にして重ね、えりくびを仮止めしてください。
仮止めなので端から0.5cmくらいの所を縫ってください。


えりを合わせるのは端ではなく出来上がり線のところです

 

えりの出来上がり線の端がえりくびの出来上がり線の角に来るように合わせてください。


えりの先が縫い目にかかりそうなときは図のように折ってよけてください。


見返しの前後の肩部分を表同士が内側になるように重ねてください。
肩を1cm幅で縫ってください。
身頃の上に見返しの裏が上になるように重ねて、縫ってください。


えりの縫い代に縫い目を切らないように切込みを入れてください。


見返しを裏側に返えしてください。


セーラーカラーを避けて、前中心、首、すそまで端から0.5cm位の所を縫ってください。
すそはすその布の端(ほつれどめしている所)から0.5cm位の所を縫ってください。


えりを避けたまま前あきの三角の布を下に重ね、縫ってください。
(三角の布は先に裏表縫い合わせてあると仮定してます)

スナップボタンをつけてください。



ボタンホールを開けてください。
この時点でボタンホールを開けると、そでが無い分縫いやすいですよ。
ボタンとボタンの間が均等であれば何個でも好きな数にして問題ありません。
ボタンはイラストによって前の重なりが右だったり左だったりするので注意してください
ボタンの付け方はミシンによって異なりますのでミシンの説明書をご覧ください。

ジグザグ縫いで作るボタンホールの縫い方はこちら

ボタンを見せたくない場合は大き目のスナップボタンにするといいと思います。


ボタンの位置の決め方
前中心から1.5cmの所に補助線を引いてください。


えりつけの位置から1.5cm下がったところに印をつけてください。
型紙を体に当てて鏡を見ながら好みの個数ボタンを書き込んでください。


体から外して定規で均等の間隔になるように清書してください。

ボタンホールはボタンの直径+2mm位。

ボタンホールの糸の太さがあるので、ボタン穴は1.5cmの補助線より少し外側になるように縫ってください。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする