チャイナワンピースの縫い方(裏地つき)

裏地の注意点について

洋裁工房の裏地の型紙には最初から余裕が入っていますが、市販の型紙で裏地を取るときは、5mmくらい大きめにとっておくとあとが楽です。
どうしても裏地はテロテロしているので、綺麗に裁断したつもりでもずれが出て大きくなったり小さくなっていたりします。

大きい分を調節することは簡単ですが、小さいものを大きくするのは難しいので、裏地だけはちょっと余裕を持って切っておくと綺麗に仕上がりますよ!



裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさにしてください。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

画像の色の説明

ダーツ

 
ダーツ(立体にするためのつまみ)を縫ってください。
後のダーツは後中心に向けて折って下さい。
前のダーツが片方にしかないのは、型紙を作るときにダーツ分を一番左端に移動させて作っているからです。
だから前は片方ダーツが無いんですよ


前身頃と後ろ身頃を表が内側になるように重ねて、肩と脇を縫ってください。
対側の脇と肩も同じように縫ってください。
縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折って下さい。
←お裁縫の用語で割るといいます。

えりをつける


身頃のえり首とえりを縫ってください。


えりをおこしてください。

アイロンで縫い代を上下に折って下さい。


裏地を表地と同じ手順で縫う。


裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1㎝幅で縫ってください。
5mmの差が調節用の余裕になります。



5mmほど縫い代より内側をアイロンで折ってください。

アイロンの温度は中~低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。



折り目を広げないように気をつけて生地を広げて、続きの作業をしてください
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。

この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。

裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください



表地と裏地を中表(内側同士が表になるように重ねてください。

まわりを一周縫ってください。

脇のスリットは実際は縫い代を縫い込まないように気をつけてよけて縫ってくださいね。

裏地の方が少しダブついていたら正常です。
裏地に余裕が無いと表が引きつりますからね。



そでの所から表側にひっくり返してください。

ひっくり返したらまわりをぐるっと表から縫ってください。

見頃にバイアスをつけるときは、この時につけるとそでが無い分縫いやすいです。

バイアスの付け方はこちら(動画)



袖の裏地がずれないように端から5mm位のところを縫ってください。

そでを付ける

この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。



そで底を縫ってください。



裏地のそで山の縫い代をアイロンで裏側へ折ってください。


そでの表地と裏地を中表に重ねてそでくち(赤い線のところ)を縫ってください。

表がえして、アイロンの折り目通りにそで口を折ってください。


https://yousai.net//sakuhin/1/sleeve/gattai/sodetuke1.jpg

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。



慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫ってください。


ミシンで1cmの幅で縫ってください。

ミシンで縫ったらしつけ糸は抜いてください。
縫い代はそで側に折って下さい。



裏地のそで山を表地のそでの縫い代を覆うように待ち針で身頃のそでのカーブにとめてください。

手縫で表に目立たないように裏地をぬいつけてください。

裏に隠れる部分なのでしわはあまり気にしなくていいです。

それより縫い代を余分に取りすぎて、引きつらないように注意してください。


スナップボタンを付けてください。

仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。
仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。


好みの色のチャイナボタンがなかなか見つからない時は、私は↓を利用して作っています。

アジアン結美

カードに順番に引っ掛けていくと、チャイナボタンのような物が作れます。

あとはカードから外して、形が崩れないように、木工用ボンドなどを裏にすり込んで乾かせば完成です!
(ストラップ用の結び紐が販売されていますが、このカードには細すぎるようなので、100円均一の、江戸打ち紐(光沢のあるきつく結んだ紐)の細い物がちょうどいい感じがしました。

チャイナボタンはサイズや色が限られているので、このアジアン結美のカードがあれば自分でサイズも調整できるので、おすすめです。


この型紙で作りました

 チャイナワンピースの型紙

必要な材料、

□ 表布
□ 裏地
□ 接着芯
□ 生地にあった色の糸
□ スナップボタン 3個~お好みで

お勧めの生地

チャイナブロケード いわゆるチャイナ生地と呼ばれる布
生地によって色落ちするものとしないものの差が激しいので

縫う前に端を切って1時間ほど水につけて確認するといいと思います
色落ちするものは洗濯できません。

ポリエステルツイル
化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
ツイルは布の折り方の名前なので繊維の太さや密度で厚みや質感が変わります
必ずサンプル取り寄せをオススメします。
カンフー着っぽくしたいときはこちら

綿ギャバジン チノパンなどに使われている綿の普通地
張りがあるがジーンズの生地に比べるとちょっと薄い。

金襴(きんらん) 着物や帯に使われているような生地
張りがありますが見栄えはとてもよいです
高いです

接着芯 えりや見返しの裏に貼ります。
つけると張りがでて破れたりほつれたりシワになりにくくなります。
薄物なら薄地用、厚物なら厚地用の芯を選んでください。
薄地に厚地用を貼ると接着剤が多くて染みになります。
厚物に薄地用を貼ると接着剤不足ではがれやすくなります

布の量の計算の仕方

関連型紙

胸切替のキャミソールの型紙

プリンセスラインのワンピース後ファスナータイプの型紙

ウエスト切り替えのギャザーワンピースの型紙

前ボタンのプリンセスラインのワンピースの型紙

ウエスト切り替えのワンピースの型紙

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー