線ファスナー

読み方

せんふぁすなー

ざっくりした説明

ファスナーとは締めるもの、留め金具など止め合わせるという意味がある。

そのなかで金具を動かして開け閉めするものを線ファスナーという。

チャック、ジッパーはメーカーの商品名だそうです。

ファスナーの名称

ファスナーの名称

樹脂ファスナー

エレメントが樹脂でできたファスナーの事

エフロンファスナー

テープに直接エレメントを織り込んだファスナーで手芸店さんいわく廃盤とのこと。
洋裁の本などでエフロンファスナーと書かれていたら、フラットニットファスナーを買えば問題ないです。

フラットニットファスナー

エレメント自体に柔軟性があり、厚みが少ないので縫いやすい。
ハサミで切れるので長さの調整もしやすい。
エレメント、上止め、下止めが樹脂製なので、針が折れにくいので初心者にとてもやさしいです。

耐熱温度 150度
直接アイロンをかけず、当てぬのをしてかけてください。

アイロンの温度が 低温~120度 中温~160度 高温~200度位です

【おさいほう】ズボンのファスナーの縫い方
ズボンの前のファスナーを縫う方法です
【おさいほう】ジャージやポロシャツなどの襟元のファスナーの付け方
下まで全部開けずに、ファスナーが表から見えるファスナーの付け方

コンシールファスナー

エレメントが裏側に丸まっていて洋服にした時に目立たないファスナー。
コンシール押えというミシンの金具が必要です。
手芸店でも買えますが、メーカーによっては針折れの原因になったりするので、お持ちのミシンメーカー純正を買うのが間違いないと思います。

耐熱温度 160度
直接アイロンをかけず、当てぬのをしてかけてください。

目立たないファスナーのつけ方 コンシールファスナー
ワンピースやスカートなどによく使われている目立ちにくいファスナーの縫い方です。

ビスロンファスナー

射出成型エレメント(レール部分)のファスナー。
射出成型というのは手作りアイスキャンディーみたいな感じに、金属の型に樹脂をいれて固めて同じ形を何個も作るやりかた。

耐熱温度 130度
直接アイロンをかけず、当てぬのをしてかけてください。

オープンファスナー

ファスナーを2つに分割でき全開できるファスナー。

コイルのタイプとビスロンのタイプがあります。

コイルタイプ
コイルのタイプは柔らかく、手芸店では薄地用として販売されていることがあります。
オープンファスナーを目立たないように隠したいときはこちらがおすすめ。

らせん状につながったエレメントなので、先に切って後で合わせようとすると伸びてずれが生じるかんじがあります。
塗った後波打った感じになる。

閉じた状態で仮固定してから、左右を外し縫うといいです。

ビスロンタイプ

【おさいほう】オープンファスナーの縫い方
オープンファスナーの縫い方です
【おさいほう】ファスナーのサイズ変更の仕方
オープンファスナーの調整方法 買ったファスナーとつけたい場所の長さが違う場合がありますよね。 ...

金属ファスナー

金具の部分が金属でできたファスナーの事。
初心者は一度は針を折る、強敵なので、こだわりがなければ初心者は金属ファスナーは避けたほうがいいです。

参考

YKK株式会社

英語表記

fastener


この洋裁用語集について

うさこ
言葉を厳選して書くと結局他の辞典とほとんど書くことが同じになっちゃうので 主観ばりばりの、ほかには無い辞典にするつもりです。
読み物としても面白いが目標です。

もくじ

洋裁用語 > さ行

         

洋裁用語集 うさこの洋裁工房
言葉を厳選して書くと結局他の辞書とほとんど書くことが同じになっちゃうので 主観ばりばりの、ほかには無い洋裁用語集にするつもりです。 読み物としても面白いが目標です。