【おさいほう】オープンファスナーの縫い方

オープンファスナーの長さ調整の方法

形によって同じオープンファスナーでも色々つけ方があります

見返しにつける方法 縁取りのあるタイプ

縁取りをする場合は、前中心の縫い代は不要なので、型紙に縫い代がある場合ははずす。
表を上にした見返しの上に、裏を上にしたファスナーを置く。


ファスナーのムシ(レール部分)を見返しの前中心に合わせる。
首の縫い代をよけて、ファスナーの上側を斜め内側に向けて折る。
ファスナーのギリギリを縫う。


えりがある場合はえりを付けて、表地と見返しを縫い合わせる。


バイアステープで包んでください
縁取りをするときに、ファスナーを縫いこまないように避けて縫う。


オープンファスナーで段差が出来て縫いにくいという場合は、ミシンの押さえをこのような形のファスナー押さえと取り替えてください。

縁取りしない場合

ファスナーを付ける場所の縫い代を多めにしておくと縫いやすいよ

【おさいほう】ファスナーのサイズ変更の仕方
オープンファスナーの調整方法 買ったファスナーとつけたい場所の長さが違う場合がありますよね。 ...