【おさいほう】ジャージやポロシャツなどの襟元のファスナーの付け方

ファスナーをつけるためにあける部分を直接布に書いてください。

緑●は必ずファスナーのはばより最低6mm狭くしてください。

そうしないとファスナーの縫い代が足りずが縫い付けられなくなります。
例(ファスナーのはばが2cmの場合1.4cmより大きくしてはならない)

水色●はお好みの丈
こちらもファスナーのムシ(レール部分)より2cmは短くしてください

赤●緑●を半分にした長さです


ミシンの押さえをこのような形のファスナー押さえと取り替えてください。
メーカーによって多少形が異なりますがファスナー押さえというものです


表を上にして生地を置く。
縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置く。
ファスナーの開きの半分の幅=と同じ幅分あきの線からはみ出させてください。


開きの線の上を縫う。
慣れてない人はミシンで縫うラインより2~3mm隣を1~2cmくらいの手縫いで大きな縫い目であらかじめ縫う。


図のようにファスナーをねじって固定する。
こちら側も上記同様
ファスナーの開きの半分の幅=
と同じ幅分あきの線からはみ出させてください。


出来上がりの開きのしるしのところを縫う。


見返しを裏を上にして重ねる。


ファスナー開きの線の上を縫う。


糸を切らないように図のように切込みを入れる。


見返しを裏側へ折る。


ファスナーを閉じて、赤い部分からファスナーを中に入れてください。


表生地を裏が見えるように折る。
見返しも裏が見えるように折る。
三角形の切込みを固定するように縫う。


ファスナー開きのまわり3~5mmのところを縫う。