【おさいほう】水干もどきの縫い方

https://yousai.net/sakuhin/inori/ao.jpg

コスプレ用の水干(平安時代風)の作り方です。

※この作り方はコスプレや演劇のための衣装を短時間で安く作りたいという人のためのものです。

洋服と着物がそれぞれ専門店があるように、洋裁と和裁では学ぶ学校も別な異なる専門分野ですので本格的な着物を学びたい方は「和裁」のサイトをご利用いただけたら幸いです。

水干もどきの型紙

印刷用説明書ダウンロード

【おさいほう】コスプレ用水干もどきの製図
(フリーサイズ) 縫い代込み(1cm)です。 あくまでコスプレ用の水干もどきです。 こ...

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ
服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画を読むのをオススメします♪
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽ですよ。

布はしのほつれどめ

紐通しの切込みを入れる

ひもやリボンを通すためカッターなどで切込みを入てください。
ほつれやすい生地は切込みを入れるところに薄手の接着芯を貼ってください。


上の写真は実際に神社に行って見せていただいた夏用の水干のそでのアップです。

実物はリボンではなく紐でした。
このように特に処理などせず、切れ目を入れただけのところに紐を2本通していました。

後中心を縫う

身頃(胴体)を表同士が内側になるように重ねてください。

後ろ中心を1cmの幅で縫ってください。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

前中心を縫う

斜めのところは生地が伸びやすいので1cmに切った接着芯か伸び止めテープを貼ってください。
貼らなくてもいいのですが、ねじれて斜めのしわが入るので気になる人は貼ってください。
1cm裏へ折って端から5~7mmのところを縫ってください。

そでをつける

袖(そで)をつける。

身頃(胴体)の上にそでを表同士が内側になるように重ねてください。
印同士を合わせてください。
肩からではなく、5cmほど後身頃(胴体側)からすそ側の印までの間を縫ってください。

縫い代を広げる

そでの縫い代を左右に広げてアイロンをかけてください。

そで口と、すそもアイロンをかけてください。

はしから5~7mmのところを縫ってください。

熱接着の両面テープで固定すると楽です

そで底を縫う

袖底(そでそこ)を1cmの幅で縫ってください。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー