【おさいほう】忍者ごっこ用の甚平の縫い方

襟を縫う

えりの縫い代をアイロンで折る。
さらにそれを真半分に折る。 

芯を入れる

接着芯を貼る場合はここは飛ばしてください。


つけない場合はえり芯を縫う。

えり芯を半分に折る。
えりを広げる。
裏を上にしたえりに半分に折ったえり芯を重ねる。

えりの中心とえり芯の中心を合わせる。
端から5mmの所を縫う。

切込みを入れる

えりのカーブの所に切り込みを入れてください。
切り込みを入れることで、縫い代のラインをまっすぐに出来るので、直線のえりが縫いやすくなります。

このとき縫い代をまっすぐにする分、肩側の身頃がだぶつきますが、だぶついた所を縫い込まないように気をつけて縫う。

切り込みは縫い代の内側まで。(0.7~0.9cm位)

襟を縫う

身頃とえりを表側同士が内側になるようにして重ねる。
えりの中心と、後身頃の背中の縫い目を合わせて1cm幅で縫う。
中心から左、また中心から右と縫っていくと綺麗につけやすいです。


甚平の襟のつけ方

一般的な織物は縦横にはあまり伸びず斜め方向には伸びやすい性質があります。
なので端から順にえりをつけていくと型紙どおりに作ったのに長さが合わなくなることがあります。


生地が伸びる

えりは斜めに切られているの伸びやすいです。


待ち針の刺し方

だから生地の長さどおりにつけると会わなくなるので図のように端同士を固定してから、中央をと、等分するように待ち針をさしてください



えりの中心の折り山を裏が見えるように折る。


えりの先を縫う。

余分を切る。

えりを閉じる


襟を表が見えるようにひっくり返して形を整えてください。
待ち針で開かないように整えてからミシンで端から5mmの所を縫う。

もしくは裏からまつり縫いをする。

まつりぬい