ヒダえりの作り方

天草四郎とかがつけてそうなヒダえりの作り方

エリザベスカラーとも呼ばれる、天草四郎とかザビエルとか昔の女王様とかのイラストとかでよく見かけるフリフリのえり飾りです。

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

 接着芯


天草四郎とかがつけてそうなヒダえりの作り方

キーピングなどの洗濯のりでパリパリに固める。

天草四郎とかがつけてそうなヒダえりの作り方・首の土台を作る

横:首の太さ+5cm(d) 縦:(お好みの高さ+1cm)×2(e)。
画像は使いまわしなのでabがないのは気にしないでください。

天草四郎とかがつけてそうなヒダえりの作り方フリルを作る

天草四郎とかがつけてそうなヒダえりの作り方


縦:(青の長さ+縫い代1cm)×2+2cm
横はヒダ1つの→U(この部分の長さを髪などを実際に折りたたんで決める)

U×ヒダの数+2


幅が広いえりを作る時はその分円周が広がるので密度を高めるためにより生地が必要になります。
折る回数が多いほど、誤差も出やすくなるので長めに用意すると良い。
最低でも円周の3倍は必要です。
例 直径50㎝の場合
50×3.14×3=471cm 最低でも横幅5m近く生地がいるという事です。
(つなぎ合わせても可)


二つ折りにする。

ギャザーを寄せるかプリーツを折る。


ギャザーの縫い方動画

←こっち側を首の土台につける
折り山ではない、布が2枚重なった方を、土台につける

土台を作る


アイロンで首の土台になる布をアイロンで折る。

フリルヒダと土台の布を表同士が内側になるように重ねる。
フリルヒダより首の土台の縫い代が1cmはみ出す。
土台の両端を裏へ折る。



両端をおったまま半分に折って縫い目の境から3~5mmの所を縫う。
首の土台にスナップボタンか紐をつけて、装着する。

こういうΩ_Ω_Ω_Ω_ヒダは
海外の記事によると円錐状のコテでのりを固めていたそうです。

幅が広いヒダは下に針金などで土台を組んでその上に乗せて形を整えていたとか。

ヒダえりは英語:Ruff  フランス語 Fraise というそうです。

いるもの

□ 表生地か幅広レース
□ 洗濯のり
□ 生地にあった色の糸
□ 場合によっては針金

オススメの生地

ヒダを多くとるので重くなるので出来るだけ軽い生地が良いと思います。
レース生地も豪華でいいと思います。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。