ブーツカバーの作り方

このページの情報はかなり古いです。下記などのページをご利用ください。

ロングブーツカバーの作り方
ロングブーツカバーの型紙を見る 縫う前の下準備 接着芯は布を切る前に先に貼ってく...
コスプレ用のすねあての縫い方
型紙を見る ひざあてを表地と裏地を切る。 裏地の裏にダーツ(立体にするためのつまみ)...

   ふくらはぎの部分

まず土台となる靴の底をメジャーで巻いて測る。

a 靴底の後ろから3分の2を測る
(赤のラインの部分)

ブーツの表面になる布を左のように切る。
あまり張りのない弱い布だと、2枚重ねにするとか、接着芯を貼る。



青線が切る部分

赤線が縫う部分

縫ったら表にかえして、上側を中に折り込んで、縫うかボンドで固定する。
そして土台の靴に固定します。

   固定の仕方

この様に土台の靴にかぶせます。
写真のは仮止めでセロテープですけど、実際はボンドで固定しないと取れてしまいます。
多分ホームセンターで売ってるGクリアー(600円くらい)で大丈夫だと思います。
甲の部分は靴によっては固定できない場合がありますが、ここは後で、甲の部分のパーツと貼り合せればいいのであんまり気にしないでよい。

甲の部分

b 土台となる靴の中心から後ろに向かって3分の2の長さを測る。


    C 土台の靴の真ん中の横幅を測る

広げるとこんな感じ
c が1,5~2倍なのは、甲の高さの分が入っている為です。

まず紙で試してみてから布を切る。
斜めのラインは適当です。
靴のつま先と同じか、気持ち広くなる程度で…。



つま先部分にギャザーを寄せる。→ギャザーのよせ方

手縫いで、縫って引っ張ってギャザーをよせても良いし、ミシンで上糸を強くして、縫い目の長さを大きくして縫って、上糸を引っ張ってもよい。

ギャザーを入れることによって、つま先に立体感がでる。


そして、土台の靴に貼り付ければ出来上がり


こんな風になるよ→

コスプレ用のすねあての縫い方
型紙を見る ひざあてを表地と裏地を切る。 裏地の裏にダーツ(立体にするためのつまみ)...
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する