ロングタイトスカートの作り方 無料の型紙付き

ロングタイトスカートの作り方 無料の型紙付きロングタイトスカートの作り方 無料の型紙付き

型紙を貼り合わせる

洋裁工房の型紙はこのように貼り合わせ図というのが描かれています。
貼り合わせ図の通りに先に貼ってから切り出す。

1/10サイズの枠に並べて布の量を確認する

型紙から1/10サイズのみを切り出して1/10サイズの枠に並べると、必要な量がすぐわかりますよ!

地直し・水通し

天然素材は縮むので綿、麻を使う場合は、一晩水につけて乾かしてから使う

布のゆがみを取ろう! 地直し・水通し
洋裁の本とかを見ると使う前に地直しをしなさいって書いてあるけど具体的にどうなの?

接着芯を貼る

より丁寧に作るなら、襟など、見返しと書かれたパーツの裏に、接着芯を貼る。
貼らなくても作れるがつけると、えりがヨレヨレになりにくく、ちょっと質が上がります。
接着芯は貼ると縮むので、先に芯を貼ってから型紙を写す。

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備

型紙を写す

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備

布を切る

洋裁工房の型紙は表から見たときに写真どおりに作れるようにしています。

必ず布の表に型紙を重ねて写す。


チャコで印をつけたら型紙は外して良い。

丈について

長くしたい場合は下に紙を足して、平行に長くするだけで良いです。

ほつれ止めをする

スカートの上側はベルトで包まれるので、ほつれ止めしなくても良いです。

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

縫い方

ロングタイトスカートの作り方 無料の型紙付きベンツ(後ろのスリット)を縫う

【おさいほう】重なりのあるスリット(ベンツ)の縫い方(裏地あり)
裏地つきのタイトスカートのような重なりのあるスリットの縫い方です

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)ロングタイトスカートの作り方 無料の型紙付き

後スカートの中心の重なったスリット(ベンツ)を折る
でっぱりが少ない方は出来上がり線で
でっぱりの大きい方は半分の所で裏にアイロンで折る。


ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

アイロンでつけた折り目と逆向きに折って、すそから2㎝の所を縫う。ロングタイトスカートの作り方(縫い方)
縫ったところを裏返し形を整える

ロングタイトスカートの作り方ダーツ(立体にするためのつまみ)を縫う

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

ダーツと言ってウエストを細くするところを縫う。


ロングタイトスカートの作り方(縫い方)ロングタイトスカートの作り方(縫い方)
図の青線の三角の中心を折って、斜めに縫う。

【おさいほう】ダーツの縫い方
ちょっとしたコツでダーツが綺麗に縫えるよ


ダーツ【立体にするためのつまみ】の倒す向きは、

前身頃は脇へ
後身頃は後ろ中心に向かって折る。

ロングタイトスカートの作り方後ろ中心を縫う

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)後スカートを表同士が内側になるように重ねる。

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)
1.5cm幅で上から20cm位の所にある印から、下の切り込みの所まで縫う。

布の縫い合わせ方

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)ロングタイトスカートの作り方

ベンツの上の角に切り込みを入れる。

ロングタイトスカートの作り方ファスナーをつける

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

ここは後でほどくので返し縫いをせずに1.5cm幅で印まで縫う。
コンシールファスナーをつける

目立たないファスナーのつけ方 コンシールファスナー
ワンピースやスカートなどによく使われている目立ちにくいファスナーの縫い方です。

ロングタイトスカートの作り方脇を縫う

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

表側同士が内側になるように前と後のスカートを重ねる。
端から1cmの所を縫う

ロングタイトスカートの作り方ウエストベルトをつける

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)
ベルトとスカートを表同士が内側になるように重ねる。
中心と脇を、ベルトの印をあわせる。
ここで位置合わせに必要になるので、必ずベルトには印を写しおいてください。


ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

片方は4㎝、もう片方は1cm(縫い代分)後ろ中心より出す。

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

1cm幅で縫う。


ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

両端を1㎝裏に折る。


ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

ベルトをひっくり返す。

端から0.5cmのところ縫ってベルトを固定する。

カギホックをつける

かぎホックをつける。

ロングタイトスカートの作り方すそを縫う

ロングタイトスカートの作り方(縫い方)

すそを2㎝幅で折る。
1.5cmの所を縫う。

この型紙で作りました

ロングタイトスカートの型紙

いるもの

□ 表生地
□ コンシールファスナー 20cm以上のもの1本
□ 接着芯 10cm×80cm(ベルト用)
□ スプリングホック 小さめのもの一組

オススメの生地

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する