節分の鬼のパンツの作り方

会社やお子さんの関連で節分の鬼の衣装を作らなきゃ!
小さいうちにいろいろ衣装を作って写真に残しておきたい!
そんな時にさくっと作れる鬼のトラ柄パンツの作り方です。
大人子供両方作れますよ。

トラ柄以外で作ればかぼちゃパンツになります。

うさこ
直接布を切って作れるよ!


着る人の体を直接測ってね

布を切る


四角に2枚布を切る。

横)=ヒップ÷2+30cm 縦)=丈+6cm

子供用


5cm内側に21~24cm平行線を引く。


端の上から26~29cmの所にカーブでつなげる。
大人用


10cm内側に20cm平行線を引く。
端の上から30cmの所にカーブでつなげる。

ほつれ止めをする

折り目の補助線を入れる

布の裏に上は8cm下は4cmの平行線を引く。

縫う

2枚の生地を表同士が内側になるように重ねる。
切り取った所を1㎝幅で縫う。


補助線の5mm外側に熱接着の両面テープを貼る。


真ん中をもって広げる。
縫い目を合わせるように置く。


またの下を1cm幅で縫う。
熱接着テープを貼った場合、はくり紙をはがしアイロンをかける。


熱接着の両面テープがない場合は待ち針で固定する。


ズボンを表返す


ウエストは上から3cm、すそは端から1.5cmの所を縫う。
ゴム入れ口2㎝開ける。
細い平たいゴムを入れる場合は、ウエストの縫い目を端から1.5と3cmの二本入れる。


すぼめたくない時はこれで完成です


安全ピンを使う時は、ゴムの端を折って安全ピンを刺すと先がちぎれにくいです。
すそにもゴムを入れると膨らみます

ゴムの入れ方

1cm以下の細いゴムしかない場合はウエストベルトを1.5㎝おきに縫って、ゴムを2本入れる。

安全ピンでゴム通しをする場合右のようにそのまま差すとほぐれて抜けることがあるので、左のように一度折ってから刺すとよいです。


洗濯ばさみでゴムの端を押さえておくと中に入り込まずにすみます。

虎柄の生地がない場合

トラ柄生地がないときはステンシルか油性ペンで柄を描く。

枠を作って布に絵の具を使って柄を入れる-ステンシル(型抜捺染)-
布用絵の具と枠を使って同じ柄をかんたんにいくつも布に入れる方法です。 洋風に言うとステンシルといいます。

インナーについて

いるもの

・虎柄の生地
ニットやフェルトなどを使うとほつれ止めは不要です。

・熱接着の両面テープ
なくても作れるけどあると待ち針を使わなくていいのでとても便利

・生地に合った色の糸

・2~2.5cm幅のゴム紐

・ゴム通し

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。