【おさいほう】超カンタン小学生でも作れる直線エプロン【動画】


簡単エプロンの型紙型紙を見る

型紙を写す

型紙を布に重ねて重石を置いて型紙がずれないようにしてください。
ふちをなぞって写してください。


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

ポケットの位置は型紙のポケットの位置の四角の四隅に穴を開けてください。
あけた穴から印を写してください。

型紙を外してから線の内側を切る。

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

ほつれ止めをする

ほつれ止め液でもミシンのジグザグ縫いでもいいので端がほつれないように縫う。
斜めのところは伸びやすいので縫わなくて良いです。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

図の色について

表  

印をつける


綺麗に布を折るのが苦手な方は図のように折り目の目安になる線を切った生地の裏に書いておくと作業が楽になりますよ。

ポケットを縫う


ポケットの上側を2cm折る。
線を引いた方は4cmの線に布の端を合わせて折る。
端から1.5cmの所を縫う。
必ず折る順番は上が先です。
そのほうが見栄えが良くなります。


横と下を裏に折る。


熱接着の両面テープをもっている場合は裏側の縫い代に貼る。


上側は力がかかるので図のように三角に折っておくと丈夫になります。

前掛け部分を縫う


斜めのところ以外を1.5cm内側に折る。
線を引いた人は3cmの線に布の端を合わせて折ると綺麗に1.5cmに折れます

端から1cmのところを縫う。

紐を通す部分を縫う

斜めのところを最初1cmに折って、次に2cmに折る。


1.5cmのところを縫う。

紐を通す

紐を通してください。

この型紙で作りました


直線で作れる簡単エプロンの型紙

いるもの

□ 表生地 90cm幅だと110cm位 110cmだと100cm
実際は布がゆがんでいたり切り口が斜めだったりするので1~20cm多めに買うのがオススメです
□ 生地にあった色の糸
□ 熱接着の両面テープ
□ 紐か平テープ 2m

オススメの生地

はねた油やこぼれた水が下の服まで染みないように、目の詰まった厚手の生地がオススメです。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
デニム
ジーンズなどの生地

帆布
厚手の針のある生地工作など作業ですれたりするときなどしっかりしているので、ちょっとだけ防御力がある。
トートバッグなどかばんに良く用いられる生地です。

関連道具

うさこが動画内で使用していた洋裁用品はこれです。

チャコエースファインマーカー

早く消したい時は水ですぐ消せます。
線を描くときは太いほう、細は、点描き用です。
ポケットやダーツなど、ポイントで印をつけたい時に使う。

素材によっては消えるスピードが結構早いものもあるので、印をつけてから完成までに時間が開く場合は、印をつけた生地を袋に入れて出来るだけ空気に触れないようにするのがポイントだそうです。