【おさいほう】えりが着物みたいなブラウスの縫い方

着物風ブラウスの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

画像の色の説明

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


 衿付け(えりつけ)の下の部分(赤い部分)を三つ折りするか半分に折って縫う。

ダーツを縫う

身頃のダーツを縫う。
ダーツ=立体にするためのつまみ。
(このデザインに関してはダーツを縫ってからほつれ止めをしたほうが良いです)

ダーツは前は脇、後は中心に向けてアイロンで片方へ折る。

肩と脇を縫う

表側同士が内側になるように重ね身頃(胴体部分)の肩と脇を縫う。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

襟(えり)を縫う

えりをアイロンで折る。
両端の縫い代を1㎝折り、さらにそれを真半分に折る。

着物のえりつけ

切込みを入れる

えりのカーブの所に切り込みを入れてください。
切り込みを入れることで、縫い代のラインをまっすぐに出来るので、直線のえりが縫いやすくなります。

このとき縫い代をまっすぐにする分、肩側の身頃がだぶつきますが、だぶついた所を縫い込まないように気をつけて縫う。

切り込みは縫い代の内側まで。(0.7~0.9cm位)

襟を縫う

身頃とえりを表側同士が内側になるようにして重ねる。
えりの中心と、後身頃の背中の縫い目を合わせて1cm幅で縫う。
中心から左、また中心から右と縫っていくと綺麗につけやすいです。


甚平の襟のつけ方

一般的な織物は縦横にはあまり伸びず斜め方向には伸びやすい性質があります。
なので端から順にえりをつけていくと型紙どおりに作ったのに長さが合わなくなることがあります。


生地が伸びる

えりは斜めに切られているの伸びやすいです。


えりの中心の折り山を裏が見えるように折る。


えりの先を縫う。

余分を切る。

えりを閉じる


襟を表が見えるようにひっくり返して形を整えてください。
待ち針で開かないように整えてからミシンで端から5mmの所を縫う。

そでを縫う

  そで山には袖を立体にする為に余裕が入れられています。
ここでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまうのです。
重要!
この時縫い初めと縫い終わりは、布の端から5センチ以上離れたところから縫い始める


下糸だけを引っ張りギャザーをよせる。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

そでにそで山部分を縫う。

上下1cm縫いあける。


そで山を起こしアイロンで縫い代を左右に折る。
縫い代を固定するために赤い部分を端から7mmくらいの所を縫う。


表が内側になるように半分に折る。

そで山の下側を1cm幅で縫う。

そでの横と底を1cm幅で縫う。


表側にひっくり返す。

そで口の縫い代を1cmアイロンで裏へ折る。
そで口を端から7mmくらいの所を縫う。

そでをつける

表にしたそでを身頃の中に入れてください。

そでを1cm幅で縫う。

慣れていない人は、端から8mm位の所をしつけ糸で手縫いしてから、ミシンで縫う。

すそを縫う

すそを2cm裏へアイロンで折る。

1.5cmの所を縫う。



えりの先の方と、右脇の外側。

左脇の内側にひも(リボンでもOK)を縫う。

紐の作り方

両端の縫い代を裏に折る

えりの縫い代を1cmアイロンで裏へ折る。

紐帯の縫い方


表側が見えるように半分に折る。

表に戻し端から2~5mmのところ縫う

 内えりをつける場合。

えりの型紙を使って作る。
うちえりは先がほとんど隠れるので短めでOK。

表から縫い目が見えないように、手縫いで内えりを縫う。

この型紙で作りました

着物ブラウスの型紙

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます ※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

シャツスリーブ Mサイズ  Lサイズ シャツスリーブの縫い方

着物そで

Sサイズ Mサイズ Lサイズ 着物そでの縫い方

パフつき姫そで

Sサイズ Mサイズ Lサイズ パフつき姫そでの縫い方

姫そで(パゴダスリーブ)

Sサイズ Mサイズ Lサイズ パフつき姫そでの縫い方

 半そでと外せる姫そで

Sサイズ Mサイズ Lサイズ パフスリーブの縫い方

 Sサイズ Mサイズ Lサイズ

いるもの

□ 表生地
□ 生地に合った色の色
□ 接着芯 30cm~(改造パーツの形による)
□ スプリングホック 小さめのもの一組

オススメの生地

和調生地

この衣装は薄くて柔らかい生地の場合、風合いが貧弱になるので、薄い生地を使う場合は洗濯のりをかけてパリッとさせるのがポイントです。

ポリエステルツイル

ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね