【おさいほう】モンキーパンツの作り方

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


赤のジグザグの線の描かれた端をほつれ止めをする。


表  

布はしのほつれどめ


よく伸びるニットの縫い方。

普通の縫い方だと糸が切れるので ニット用のレジロン糸を購入してください。

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫う。

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

あまり伸びないTシャツ生地だと右隣の雷状の伸縮縫いという機能が使えればこちらを使うといいですよ。


ニットの縫い方

ニットを使う場合は、伸びる生地なので縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びたりします。

そこで細かい番手の紙やすりを帯状に切って、布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。

※一緒に縫わないように注意。


布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


https://yousai.net/nui/zubon/monkey/9.jpg

前と後のズボンを表同士が内側になるように重ねる。

股の下を縫う。

前後のズボンを一緒にほつれどめしてください。


股の丸い穴の所に、丸いパーツを当ててください。

縫い代が表同士が合わさるようにして縫う。


https://yousai.net/nui/zubon/monkey/8.jpg

両脇を縫う。

ゴムを入れる穴を作る。
片脇は上から5mmの所を縫って、そこから1cm開けて、裾まで縫う。

脇と股のパーツをほつれどめしてください。

ゴム入れの穴のあるほうは上から3cmほつれどめをしないでください。


前身頃の縫い代を上から2.5㎝の所を、縫い目を切らないように切込みを入れる。

縫い代を前側に折る。


広げた縫い代を縫って固定する。

穴の口の所(青い線)は補強のために返しぬいをしてください。


アイロンでウエストの縫い代を内側に折って、端から1.5cmの所を縫う。

縫い始めてと終わりは必ず返し縫をしてくださいね。


写真のように少しピンと張る程度(引っ張りすぎてはいけません)に持って縫うと待ち針が要りません。
ただし途中でたるませたりしてはいけません。
一度持ったら持ったとこまで縫い、止める。
そして、持ちなおして続きを縫うと綺麗に縫えます。


すその縫い代もアイロンで折り、端から1.5cmの所を縫う。

ウエストにゴムを入れたら完成です。