【おさいほう】ショートジャケットの縫い方


テーラードカラータイプの縫い方はこちら

印刷用説明書ダウンロード

接着芯を貼る

型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。
型紙についている縫い代の印を忘れずに写してください。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

ほつれ止めをする


表  

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ほつれ止めの仕方

前後の脇を縫う

脇のパーツを前身頃と後身頃を表同士が内側になるように重ねる。


端から1cmのところを縫う。


中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

アイロンで折り目をつける


ポケットの縁取り布と前中心の持ち出しを表が見えるように半分に折る。

詳しい縫い方はこちら

えりも同じように半分に折り目をつける。



前中心の持ち出しをアイロンで縦に二つに折る。
折り目と逆に折り、上と下を縫う。
ひっくり返す。
端から5mmの所を縫う。

すそのベルトの縫い代を裏へ折る。
表が見えるように半分に折る。

前中心


前中心を出来上がりどおりにアイロンで折る。

後中心

 表同士が内側になるように布を重ねる。

後中心を縫う。

縫い代は左右に折る。

←洋裁用語で縫い代を左右に折る事を割るといいます。