【おさいほう】ショートジャケットの縫い方


テーラードカラータイプの縫い方はこちら

印刷用説明書ダウンロード

接着芯を貼る

型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。
型紙についている縫い代の印を忘れずに写してください。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

ほつれ止めをする


表  

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ほつれ止めの仕方

前後の脇を縫う

脇のパーツを前身頃と後身頃を表同士が内側になるように重ねる。


端から1cmのところを縫う。


中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

アイロンで折り目をつける


ポケットの縁取り布と前中心の持ち出しを表が見えるように半分に折る。

詳しい縫い方はこちら

えりも同じように半分に折り目をつける。



前中心の持ち出しをアイロンで縦に二つに折る。
折り目と逆に折り、上と下を縫う。
ひっくり返す。
端から5mmの所を縫う。

すそのベルトの縫い代を裏へ折る。
表が見えるように半分に折る。

前中心


前中心を出来上がりどおりにアイロンで折る。

後中心

 表同士が内側になるように布を重ねる。

後中心を縫う。

縫い代は左右に折る。

←洋裁用語で縫い代を左右に折る事を割るといいます。

肩を縫う

https://yousai.net//sakuhin/1/body/simple/shoulder.jpg

表側同士が内側になるように重ねる。
肩を1㎝幅で縫う。



このデザインは生地が厚いことが多いので、縫い代は左右に折る。

肩の縫い方動画

えりを縫う

身頃(胴体)と襟を表同士が内側になるように重ねる。
端から1cmのところを縫う。
前中心も1cmあける。

すそを縫う

すそとベルトを表側同士が内側になるように重ねる。

1㎝幅で縫う。

ベルトの端1cmは縫わない。

※前身頃の前中心の縫い代はファスナーをつけるため1.5cmです。
ベルトの中心側の縫い代は1cmなので、布の端をあわせるのではなく、角の印を合わせて縫う。



ベルトを表が見えるように縫い目から下に折る。


前身頃の中心に裏を上にしてファスナーを重ねる。
前中心の折り目にファスナーのムシ(レール部分)をあわせてください。
上側を内側へ折る。

上にえり下にベルトが付けるので、金具が1cm内側になるように配置してください。
端から5mmのところを縫う。



ピンクのほうに持ち出し
暗い水色の方に見返しを裏を上にして重ねる。


持ち出しは赤い線のほうが二つ折りの山のほう、前中心側がほつれどめをしてある方になるように重ねる

えりの前中心を縫う


もう1枚のえりを裏を上にして重ねる。
えりの下の縫い代を上に折る。(8~9mm)
前中心の縫い代を縫う。

狩衣もどきとかいてますが縫い方は同じです


見返しを裏に、持ち出しを起こす。


断面図 えりの縫い代を全部えりの中に入れてください。
見返しの上の縫い代も中に入れてください。

えりの端から5mm内側を縫う。
ミシンで一直線に縫ってもいいですが、縫い目を出したくない場合は、台えりの裏側の下側は手縫いでまつってもよい。
まつり縫いの動画

すその中央を縫う

真ん中の折り目と逆に折る。


縫い代をベルトの中に入れてください。
見返しの下の縫い代もベルトの中に入れてください。

端から5mmの所を縫う。

そでを縫う

そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。
ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。



またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。


ギャザーの寄せ方

ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

そでの準備

ギャザーの縫い方


ミシンの上の糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が内側になるように重ね両脇を1㎝幅で縫う。

同じように裏地も縫う。

アイロンでそで口を出来上がり線で折る。

そでを縫う

そでを身頃につける

そでは表側が見えるようにひっくり返す。
裏返したままの身頃の中にそでを入れる。


脇→肩→印という順に待ち針を刺す。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整する

手縫いで端から7mmくらいのところを縫う
縫ったら待ち針ははずす。
全部を手縫いで作る場合はここは省略する。


端から1cmの所を縫う。
縫い終わったら仕付け糸ははずす


試着してそでの長さを確認する。
問題がない場合
アイロンでそで口を2cm裏へ折る。
1.5cmのところを縫う。
袖の丈の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整する

いるもの

□ 表生地
□ オープンファスナー 40cm以上のもの1本
□ 接着芯 60cm~(改造パーツの形による)
□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

株式会社カトウのポリエステルツイル

化繊なので綿ツイルに比べて軽いです。
しわになりにくいです
張りがあります、パニエを下にはいて広げたい場合に向いていますが、張りがある分柔らかくドレープを出したい場合には向きません。
初心者にも扱いやすい生地です。

ポリエステルツイル

カトウさんのより気持ち柔らかい気がしました
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ

ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ストレッチレザー
伸縮があるので腕の曲げ伸ばしがしやすいです。

合皮 ミルキーウェイ
手洗い洗濯が可能.
無料サンプルがいただけるので、質感などはサンプルで確認できますよ。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。