丈の短いボレロの縫い方

丈の短いボレロの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

接着芯を貼る

型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

ほつれ止めをする

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ

後中心を縫う

後身頃(胴体)を表同士が内側になるように重ねる。

後ろ中心を1cm幅で縫う。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


縫い代は左右に折る。

肩と脇を縫う

裏を上にして前身頃を重ねる。

肩と脇を1cm幅で縫う。

フリルを縫う

3枚のフリルを表同士が内側になるように重ねる。


端から1cmのところを縫い合わせて輪にする。


繋げたフリルを二つ折りにする。


折り山ではないほうにギャザーをよせる。

裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーをよせる。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

フリルを付ける

ギャザー縫いが終わったら必ず糸の調子を元に戻す。
端から5mmのところを縫って固定する。

裏地の後中心を縫う


後の裏地の後中心を縫う。
縫い代は片側に折る。

裏地には少し余裕が入っています。
裏地が表地より少しでも小さいと引きつってしまうので、余裕を入れてあります。

大きい分を調節することは簡単ですが、小さいものを大きくするのは難しいので、裏地だけはちょっと余裕を持っておくと綺麗に仕上がりますよ!

裏地を綺麗に仕上げるコツ

1センチのところを縫う。


5mm前後縫い代より内側をアイロンで折る。

アイロンの温度は中~低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。


ゆるみ分の折り目を広げないように作業を続ける。

市販の裏地のついた洋服を見てみると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを見ることが出来ますよ。

表地より裏地の余裕が少ないと、表が突っ張ったような感じになりますので、裏は多少ゆとりがあったほうが綺麗に仕上がる。

この折り目に余裕を持たせることを「きせをかける」といいます。

きせの幅はきっちりはからなくてよい。

特に裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変に調整する。

見返しを縫う

首の見返し

後の見返しを表が内側になるように重ねる。


後中心を1㎝幅で縫う。

すその見返し

後の見返しを表が内側になるように重ねる。
後中心を1㎝幅で縫う。

縫い代は左右に折る。

見返しと裏地を縫う

前の見返しと裏地を表同士が内側になるように重ね1㎝幅で縫う。


後の見返しと後の裏地も表側同士が内側になるように重ねる。
1㎝幅で縫う。


見返しと裏地を縫ったら、前後の身頃を内側が表同士になるように重ねる。

肩と脇を1cm幅で縫う。


表同士が内側になるように表地と裏地を重ねる。

えりからすそを1cm幅で縫う。



そでの所から表にひっくり返す。

えりとすそ端から5mmの所を縫う。


そでのカーブも裏地がずれないように5mmの所を縫って表と裏地を固定する。

そでを縫う


この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入っている。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになりる。

ギャザーの縫い方



そでの底を縫う。
同じように裏地も縫う。

そでの準備

袖口のフリルを縫う

そで口のフリルを二つ折りにして端を縫う。


半分に折る。


ギャザー縫いをする。


そでを表に返してください。
そで口にフリルを縫う。


 裏地と表地を。表が内側になるように重ねる。

そで口を縫う。


裏地を中に入れてください。

フリルを引っ張り出してください。

そで口を縫う。


そでと本体を表側同士が内側になるようにあわせてください。

この時そでの裏地はよける。


そでを身頃につける。


手縫いで端から7mmくらいのところを縫う
縫ったら待ち針ははずす。全部を手縫いで作る場合はここは省略してください


端から1cmの所を縫う。縫い終わったら仕付け糸ははずす。



裏地の袖山は、アイロンで縫い代を内側(中に隠れる方)に折ってから、待ち針で袖ぐりにとめて手縫で表に目立たないように縫う。

まつり縫いのしかた
   お好みでフリルをレースにしたり、フリルの幅を変えて2段にしてもいいですね。

あと付けずに作ってもかわいいです。


この生地で作りました

いるもの

□ 表生地
□ 接着芯 50cm~(布の幅による)
□ お好みでレースやフリルなどの飾り
□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

別珍
毛並みのある綿生地。
高級感がでる。
毛並みに向きがあるので、裁断するときは毛並みの向きを一定方向に合わせてカットしてください。

ポリエステルツイル

軽くシワになりにくい中厚地の生地です。
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ

ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

マットサテン
光沢の押えられたサテン。
パーティー用のボレロを作りたいときに。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね