【おさいほう】出来るだけヒダが入らないようにスカートを作る方法


通常フレアスカートの下にパニエをはいたとき若干スカートにヒダが入ったりしますよね

出来るだけヒダが入らずにスカートを作りたい場合の改造方法です

実際のすそを測る

ではパニエ自分で着るか、トルソーがあればトルソーに着せてください。
パニエのすそにメジャーを当てて一周の長さを確認してください=★

型紙を作る

A=作りたい丈

B=(ウエストサイズ+6cm)÷2
あまりピッタリだとパツパツになって帰って横向きのしわになるので、余裕を入れています

分割する

6~10程度に分割する。=◎
枚数が多いとその分手間がかかりますが線をつなぎやすいです。

切る


分割線で切り離してください

下を広げる

(★-ウエストサイズ-6cm)÷◎=C

C÷2=D
下に紙を敷いてください。
上側を合わせた状態で両端はD㎝分離し、ほかの部分はCcm離してください。
テープで固定する。

縫い代をつける

縫い代を1cmつけてください。
すそだけ2cmの縫い代にしてください。
すそは縫い代が少ないとねじれて裏が見えたりするので縫い代を多めにします。

脇ファスナーの場合はこれを2枚作る。

後ファスナーのスカートの場合


後ファスナーの場合これで2枚切ると前中心に縫い目が目立つので型紙の真ん中に線を引いて、その横に縫い代1.5cmつけてください。
これを別の紙に写してください。

前1枚、後は半分の型紙を左右1枚ずつ切る。

後中心の上から18cmの所に印をつける。
印から上にファスナーがつきます

ウエストベルト

E=ウエスト+8cm
F=(作りたいベルトの高さ+1)×2

※ウエストベルトは縫い代込みです

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

ウエストベルトの生地の裏に接着芯を貼る。
芯がないとヘロヘロした仕上がりになるよ。


裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。

画像の色の説明

 ファスナーをつける


後中心の印から下を縫う

画像だとここ

目立たないファスナーのつけ方 コンシールファスナー
ワンピースやスカートなどによく使われている目立ちにくいファスナーの縫い方です。

前後のスカートを表側同士が内側になるように重ねて脇を1cmで縫う

ウエストにギャザーを寄せる

ウエストの上から3mmと7mmくらいの所にギャザー縫いをしてください
しわが入らないように縮めるのがポイントです

ベルトとすその縫い方はここを参考にしてください

【おさいほう】360度(全円)のフレアスカート(脇ファスナー仕立て)の型紙の作り方
サーキュラースカートとも言います。270度も同じ作り方です。 ギャザーを寄せないタイプです...